カスタムURL(パーマリンク)の設定は記事公開前に済ませないと大変なことになる

ブログ運営

どーもサンタクです。

やっちまいました…。

ぼくが書いた記事の中でも検索1位争いをしてた唯一の記事だったんです。

昨日酒飲みながら過去記事リライトしてるときに、間違えてカスタムURLを変えちゃったんです…。

Googleで自分の記事を検索してみる

f:id:liberted621:20180124233751p:plain

Entry is not foundって…。

検索ボリュームは少ないので、1日あたりのPVは大したことはないんです。

でもせっかく情報を得ようとぼくのブログを見に来てくれた人に申し訳ない。

ぼくはなんてことをやってしまったんだ。

復活の見込みはあるのか?

ぼくがやってるぐらいだから誰かひとりぐらい同じような人はいるだろうと思い調べてみました。

同じような人いた!丁寧にブログ書いてくれてるからリンク貼っときます

www.nu-nobettenn.com

どうやら復活の見込みはありそうです。復活までの最短時間は4日ほど。

一生戻ってこないわけじゃないことがわかって一安心です。

追記:その後10日ほどで表示されるようになりましたが、順位は下がっちゃいました…。

カスタムURL(パーマリンク)は何のために設定するの?

そもそもぼくは何のためにカスタムURLを設定するのか、いまいち理解しないままやっていました。

ぼくが調べた情報をまとめておくとこんな感じ。

  • アナリティクスの表示が見やすい
  • SEOに強いらしい
  • パッと見でなんの記事かわかる

だいたいこんなところでした。

確かにアナリティクスの画面ってパッと見だと何の記事かわからないですよね。

f:id:liberted621:20180124235444p:plain

これだけ見ても何のこっちゃですよね。だから自分でわかりやすいURLを設定すると記事の管理が楽になるんですよね。それだけでもカスタムURLを設定する価値はある。

SEOに強いかどうかはぼくのような始めたての弱小ブログでは判断できません。その辺はこれからのブログ運営でわかることですね。

まとめ

こんな失敗談も記事ネタになるんだからブログってのは楽しいもんですよ。

今回の失敗からぼくが学んだことは、カスタムURLの設定は後から変えるのは危険ということでした。

今まで書いた記事はそのままにして、これから書いていく記事に関してはカスタムURLで記事の内容をわかりやすくしていきます。

は~早く反映されてほしいなぁ。Google先生、お願いします。

ちなみに、記事が増えれば増えるほど後から修正作業が大変になります。

ワードプレスに移行を考えてる人なんかも早めにやっておいた方がいいですよ。

▼こちらもおすすめ

はてなブログからワードプレスに移行を検討してる人に伝えたいこと