大切な人へのクリスマスギフトは決まりましたか?

新聞のクーリングオフを確実に行う方法

新聞 クーリングオフ

悪質な新聞セールスを断り切れなくて契約してしまったけど、やっぱり解約したいというときに有効なのがクーリングオフという制度です。

どんなに悪質なセールスマンでも、クーリングオフ制度の前には手も足も出ないので、どうしても断り切れなかったら積極的に活用しましょう。

新聞のクーリングオフ期間は8日

新聞のクーリングオフが適用されるのは、セールスマンが訪問してきて定期購読の契約をした場合になります。

強引なセールスマンが家に訪問してきて、どうしても帰ってくれない場合は一度その場で契約を取り交わしてからすぐにクーリングオフすることで対処できます。

クーリングオフが適用されるのは、契約書を受け取った日から8日以内です。それを過ぎてしまうと解約できなくなってしまうので、日付には十分気をつけてくださいね。

サンタク

自分から申し込んだ契約はクーリングオフできないから注意してください

口頭でも書面でも可

肝心なクーリングオフのやり方ですが、新聞は高額契約ではないからほとんどが口頭でも可能です。

新聞の契約時に必ず契約書の控えを受け取っておきましょう。その控えに記載されてる販売店の連絡先に電話して「さっきの契約は破棄してください」と伝えればOK。

契約書を受け取ってから8日以内であれば、販売店側は解約の申し出を断ることができません。

 

ぼくが販売店に勤務していたときも、何度かクーリングオフの電話を受けました。

さすがに悪質セールスマンのぼくでもクーリングオフを出されたら突っぱねることはできないので、それ以上の抵抗はしなかったですね。

証拠を残したい場合は書面がいい

新聞のクーリングオフはほとんどの場合、電話で済みます。

でも、口頭だと言った言わないの問題になりかねないと不安な人には、郵送でのクーリングオフがおすすめです。

特に正式な解約書類などというものはないので、便せんに解約したいことを書いて販売店に郵送すればOK。

契約時に貰った粗品の返却義務はない

強引なセールスに付き物なのが景品。

これはぼくもよくやった手法ですが、洗濯洗剤を強引に玄関に運び込むんですよ。しかもケース単位で。

これもあげる、あれもあげると玄関に山積みになった粗品を前にすると、ほとんどの人はこれだけくれるならという気持ちからサインしちゃうんですよね。

 

こういった粗品は、原則的に返却義務はないので、クーリングオフを申し出たときに自分から返す必要はありません。

返却するかどうかは販売店の対応に任せましょう。

トラブル回避のためには返却するのがベスト

基本的には返却の義務はありませんが、ぼくのような悪質セールスマンの場合はそれさえもネタにしてしまうんですよね。

クーリングオフの申し出を受け入れてから数か月空けたあとに再訪問するんですよ。

んで、「あのときこれだけ貰ってるんだから一回は付き合ってもらわなきゃ困りますよー」って感じで半ば脅すように契約をもらったこともあります(ホントにごめんなさい)

こういった後々のトラブルを回避するには、返却しておくのが無難ですね。タダで物を貰えるほど世の中甘くないので。

まとめ

クーリングオフは法律で消費者を守るためのものです。

新聞はインテリが作ってやくざが売るなんて言われた時代もありました。

なんとなくそのイメージが強いからか、強引な勧誘を断ったらあとで何されるかわからないから怖いという人もいますよね。

原則、クーリングオフを行使した家への再訪問、再勧誘は一定期間禁止されてるので、安心して活用してくださいね。

新聞のしつこいセールスを断る方法を書いた記事もあるので、よかったら読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です