『旦那が嫌い』って…。世の中の旦那ども!これがリアルな妻の意見だ!!

旦那が嫌い

ぼくのタイムラインにリツイートで流れてきたこちらのツイート。

とても興味深いデータだなと思ったので、自分でもGoogle検索で「旦那」と入力してみた結果、検索予測に出てきたのがこちら。

旦那 浮気

ネガティブワードの嵐や…。

特に「旦那が嫌い」はもう直球すぎて怖い。

 

旦那が嫌いと検索した人は、その検索結果に何を求めてるんだろうかと疑問に思ったので、実際にサイトを見にいってみた感想をまとめました。

夫婦円満に過ごすために抑えておくべきポイント

家事・育児を旦那が手伝うという意識をやめる

イクメンという言葉が最近では一般的にも浸透しましたよね。

積極的に家事、育児に参加しようとしてる旦那さんも増えたことだと思います。

ここで気をつけたいのが、家事、育児を手伝ってあげてるという意識を旦那側が持ってはいけないということ。

これはぼくも妻からよく言われました。

 

特に育児に関しては、2人で作った子どもなんだから2人でやるのが当たり前という妻の意見にはぐうの音も出ないです。

今はもう「おい、お茶入れてくれ」なんて寝っ転がってテレビを見てる時代じゃないんですよ。

休日にゴロゴロするのをやめる

忙しく働く現代人はたまの休日ぐらい家でゴロゴロしながら過ごしたいと思う気持ち、ぼくもよくわかります。

特にぼくが会社勤めしてたときは週に1日しか休みがなかったうえに毎日14時間ぐらいは働いてたので休みの日に出かける気力は正直なかったです。

それでも、日ごろ家でずーっと一緒に子どもと過ごしてる妻は、旦那の休日ぐらいのびのび出かけたいと思ってるはず。

出かけないにしてもあなたの奥さんは旦那の休日ぐらいゴロゴロしてないで子どもと積極的に遊んでほしいと思ってます。

家庭円満に過ごしたければ、休日にゴロゴロするのをやめましょう。

妻も女性として見られたい

結婚生活が長くなってくると、毎日顔を合わせる奥さんのことを女性として見れなくなったなんて言う人もいますよね。

子どもが生まれると尚更その意見を多く聞きます。

ぼくは妻が10才近く年下なので、自分よりずいぶん若いこともあって妻を女性として意識しないという意見がちょっと信じられないんですよ。

性生活が夫婦関係のすべてではありませんが、セックスは割と円満な夫婦関係を築くためのキーポイントになるとぼくは思ってます。

関連記事ヨメがセックスしてくれないとかぼやいてないで皿でも洗ってみろ!

Google「旦那が嫌い」の検索結果に夫婦関係をよくするヒントが詰まってる

もうね、読んでてつらくなりましたよ。

20個の理由の見出したちがグサグサと自分の心をえぐっていきました。それだけ自分も嫌われる旦那と同じような生活をしていたんだなーと実感。

世の中の奥さま方は、こういったサイトを見てやり場のない気持ちを消化してるのかなと感じました。

自分が置かれてる環境のつらさをこういった場所で共感して、嫌いな旦那との生活を乗り切ってるんだと思うとやるせないですよね。

こういったサイトは旦那さんも見ておくべきだと思うので、結婚生活が長い旦那さんは一度読んでみてください。

参考 旦那嫌いな人の20個のイライラする理由。女性の共感の嵐が吹き荒れる!生活百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です