営業職とブログの共通点は「継続力」と「成功体験」

ぼくは営業職なので、このツイートには激しく共感しました。

ウケちゃんさんはブロガーなら環境を問わずパソコンを開き続けることと言っていますが、これはホントにその通りで、ブログで結果を出したいと思ってるならブログを習慣化する必要があるんですよね。

パソコンが開けなかったとしてもスマホからブログの管理画面を開くことはできるはず。

「習慣化」と「成功体験」

この数日は新規記事を書いてなかったぼくですが、その間も自分で書いた過去記事を読み返しながら内部リンクを貼ったりキーワードを見直したりと、いわゆる「リライト」は欠かさず行ってきました。

これはぼくの中でブログが生活の一部となってるから呼吸するかの如くやってることで「習慣化」です。

リライトの結果が少しずつ表れてきて、今まで見えてこなかった200PV/日の壁を最近は普通に超えるようになってきました。

これまでにも、50PV、100PVの壁にぶち当たっては乗り越えてきた「成功体験」を積み重ねてきたからこそ続けられてます。

営業職に必要な折れない心の強さは継続力に繋がる

これも成功体験の話になりますが、ぼくは新聞営業の仕事で結果を出すことには自信があります。

ぼくが仕事に自信を持って取り組めるのは、これまで積み重ねてきた実績もそうですが、どんなときも続けてこれた自分がいるからなんです。

新聞の営業は基本的に飛び込み営業なので、100件訪問して一件の成約が当たり前ぐらいなのですが、まともな人なら100件も訪問する前に心が折れると思うんですよね。ぼくも最初はそうでした。

でも、ぼくの師匠から「営業は確率」と教わってからは愚直に訪問を続けました。そうしてるうちにある日突然契約がとれるときがくるんですよ。

そこに至るまでにぼくがやったことは「諦めないこと」だけです。特別なテクニックなどはないし、師匠からもテクニカルなことを教わったことはありません。ただ諦めずに訪問を続けただけ。

この成功体験のおかげで、今のぼくの仕事に対する自信を作ることができました。心折れずに前向きに営業を続ける姿勢を継続しただけで、今までまったく見向きもされなかったぼくが契約をとることができたんですから継続することは大事なんですよ。

関連記事訪問営業のコツ。結果を出すには行動するしかない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です