大切な人へのクリスマスギフトは決まりましたか?

元新聞屋がおすすめする、外回り営業マンの真冬の寒さ対策グッズ10選

外回り 寒さ対策 防寒

寒くなってくると外回りの仕事がつらくなってきますよね。

元新聞屋のぼくは真冬でもバイク稼働。真冬の雨とかもう思い出したくないぐらい最悪でした…。

暑さ寒さを乗り切るために様々な工夫をしてきましたよ。対策しないと仕事にならないですからね。

そんな中で、真冬の寒さ対策で特に役に立ったおすすめ商品を紹介していきます。

①ロングダウンコート

職種によっては着用が難しい場合もあるかもしれませんね。新聞屋はその返ゆるかったので、ガッチガチに洋服を着こんで防寒対策してました。

ロングダウンコートの中でも、特に黒っぽいカラーリングを選ぶとビジネスシーンでも違和感なく着れますね。

ハーフコートと比較すると、ロング丈は腰回りまですっぽり包んでくれるので寒さの感じ方は段違いです。

この差は着てみないとわかりにくいと思うので、まずは近所のユニクロやGUで試着してみてください。

②ヒートテック

最早外回りの仕事をしていてヒートテックを知らない人はいないと思いますが、これはもう必須ですね。

底冷えする寒さの日には2枚重ねで着ると効果アップです。

念のためヒートテックを知らない人向けに説明すると、生地自体はかなり薄手です。

でも、ヒートテックを着てるか着てないかでは寒さの感じ方がまったく変わります。ぼくはもう冬の寒さはヒートテックなしでは乗り切れません。(関東在住)

上下3セットぐらい用意しておくと洗い替えできるからちょうどいいと思います。

2年に一度ぐらいのペースで新調するといい感じです!

MEMO

ヒートテックの交換時期目安は「生地が伸びてきたら」です。

肌との密着度が高ければ高いほど保温効果が高いので、伸びてきたら交換しましょう。

③遠赤外線インソール(防寒用)

体に木枯らしが当たって寒さを感じるのはもちろん、足の底から感じる冷えもバカにできません。

こちらの対策は、靴の中敷きを変えてしまう方法で乗り切りましょう。

フリーサイズで好きなようにカットして使えるので、ビジネスシーンで履くような革靴でもしっかり対応してます。

足もとを温めるだけで体感的な寒さはかなり変わります。

▼女性用はこちら

④つま先に貼るホッカイロ

インソールをサイズ合わせてカットするのがめんどくさいという人は、「貼るだけでぽかぽか」なつま先専用ホッカイロで対策しましょう。

冷えは足もとからくるので、まずは足先、足底をしっかり防寒対策することが大切です。

どれだけ洋服を着こんでいても足もとがサンダルだったら寒さは防げないですよね?

足もとを温めるグッズは積極的に活用していきましょう!

⑤腰に貼るホッカイロ

腰やお腹にホッカイロを貼っておくと、ただ寒さから守るだけの防寒とちがって体を温めようとしてくれます。

貼るホッカイロを貼るか貼らないかで、体感的な寒さもかなり変わるので、これは出勤準備の一環にぜひ取り入れてほしいですね。

冬の時期はお徳用貼るホッカイロのまとめ買いをおすすめします。

特にオンパックスは貼ってからの持続時間が約14時間と謳ってますので、朝家を出てから帰宅するまで温感効果が持続します。

⑥充電式カイロ

USBで充電することで、何度も繰り返し使えるカイロです。

使い捨てカイロのようにゴミも出ないし、充電するだけで何度も使えるのが嬉しい。

しかも、営業マンの必須アイテム「モバイルバッテリー」としての機能も兼ね備えてます。

ぼくも外回り中にモバイルバッテリーがなくて困ったことが何度もありました。

使い捨てカイロにはモバイルバッテリー機能はついてないですよね?

手も温められてスマホの充電もできるなんて一石二鳥です。

⑦防寒ソックス

こちらも足もとの防寒グッズですが、靴下の上から重ね履きすることで防寒対策をします。

素材がウエットスーツに使用している素材と同じなので、保温性抜群。

空気穴もついてるので、蒸れにくく通気対策してます。

靴下の上から履くのを前提で購入する場合はサイズ大きめにした方がいいです。

割と密着するので伸びしろがあんまりないので、ジャストサイズで買うと場合によっては履けないなんてこともあるので、必ず大きめのサイズを選んでください。

⑧スマホ対応レザー手袋

寒い時期はコートのポケットに手を入れて歩きがちですが、これは危ないからやめた方がいいですね。

ポケットに手を入れて歩くと姿勢も縮こまって肩こりや腰痛、猫背の原因になります。なによりカッコ悪いですよね。

大人のビジネスマンなら胸張ってスマートに歩きたいじゃないですか。

レザー素材は風を通しにくいので、手がかじかみにくいです。

それと、手袋をつけたままスマホ対応できるところも嬉しいポイントです。

トップセールスマンともなると移動時間にも電話やメールで仕事をしてます。そのたびに手袋を脱着するのはめんどくさいですからね。

手袋を選ぶときは「レザー素材」「スマホ対応」を基準に選んでみてください。

⑨ビジネスマン向け防寒シューズ(ブーツ)

ブーツはちょっと…と思う人もちょっとだけ聞いてください!

これはサイドゴア&サイドジッパー付きなので脱着が楽にできます。

寒い冬は絶対ブーツタイプがおすすめです。

足首まで温めることで、寒さ対策の効果がより高まるんです。

今はブーツタイプでも驚くほど軽量化されてる商品がたくさんあります。

冬の間だけはブーツに履き替えて寒さ対策するのもありですよ。ブーツにするとモテ効果もあるかも!?

⑩カシミヤマフラー

首元の冷えもしっかり対策しておきましょう。

ウールに比べてカシミヤ素材のマフラーは静電気が起こりにくい言われてます。

それと、カシミヤはとても柔らかい素材なので、首回りがちくちくしません。

首がちくちくするからと言って何となくマフラーを敬遠してる人は、ちょっと値は張ります(1万円前後)が一度カシミヤのマフラーをつけてみてください。安物とは段違いの付け心地に驚くはずです。

番外編 バスクリン薬湯じっくり保温浴

直接的な防寒対策ではありませんが、寒い冬は家に帰ってからお風呂にのんびり浸かるといいですよ。

1日中外回りすると体の芯から冷えてるので、布団に入ってもなかなか寝付けません。

そんな状態で毎日過ごすと寝不足から疲れがとれなくなって、体調不良の原因にもつながります。

疲れた体を1日の終わりにじっくりお風呂で癒してあげることも、仕事のクオリティを高めることに効果的なので、しっかり時間をとってお風呂に入りましょう。

まとめ

ぼくは四季の中で寒いのが一番嫌いなので、冬は特に長く感じてしまいます。

それでも毎日仕事はしなければいけないので、少しでも寒さを緩和できるように実際に活用してるおすすめグッズを紹介してみました。

これは知らなかったなんてものがあったら今年の冬はぜひ試してみてくださいね。

上で紹介した商品は下にまとめておきます。下に貼ったリンクから飛ぶとAmazonで探すことができますので、気になる商品があればぜひ商品詳細ページを見てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です