夫婦でこんなにも自由時間の格差がある。夫は妻に甘えすぎてないか確認しよう

f:id:liberted621:20171202044422j:plain

 

どーもサンタク(@liberted621)です。

 

我が家はこども2人、妻とは共働き世帯です。よくいる一般的な核家族ってやつです。

 

僕の仕事が拘束時間が長いうえに勤務体系が不規則なこともあって妻には家のことやこどものことで大きな負担をかけてしまってます。

 

www.liberted.xyz

この記事を読んでもらえばわかるとおり、うちの妻はかなり疲れています。育児や家事に休みはないから疲れますよね。

それでも家族みんなが楽しく暮らせるようにと努力してくれています。きっとどこの家庭にも似たような空気感はあるはず。感謝しかないですね。

 

うちのような共働き世帯も珍しくないことだと思うので、夫婦間で自由時間にどれぐらいの格差があるのか調べてみました。

 

家事に費やしてる時間の差に愕然

まずはこちらの表をご覧ください。

f:id:liberted621:20171207234033p:plain

出典:2015年 国民生活時間調査|NHK放送文化研究所

 

2015年のデータなので少し古い情報にはなりますが、男女で家事に費やす時間がこんなにも差があるんです。

 

僕は30代、妻は20代(有職女性)なのでそれぞれのデータを切り取ってみると

夫:平日 44分 土曜 1時間50分 日曜 2時間12分

妻:平日 3時間23分 土曜 4時間14分 日曜 4時間28分

え、おれこんなにやってない。よその旦那さんすげぇ…。

 

夫と有職女性の時間で比較しても一日あたり3時間以上の差があることがわかります。

 

データでこれだけの時間格差があるのはわかりましたが、僕はここに載ってる人よりも家事に使ってる時間はありません。ごめんなさい。

 

家事、やってますか?

 

今の僕は家事時間はせいぜい15分

自慢じゃないですが、僕はまったくと言っていいほど家事をやっていません。ごめんなさい。

 

家の中のことやこどものことは妻にまかせっきりにしてしまってるので、きっと妻がいなくなったら何をどうしていいかさっぱりわからないです。

 

どこに何があって、いつ何を支払ってとかもう全部わかんない。妻のタスク処理能力は素晴らしい。

 

今の僕がやってる家事と言えば食後の皿洗い(これすらできてないときも)、ゴミ出し、たまに風呂掃除ぐらいですかね。ちなみに皿洗いは割と得意です。

 

うちはどっちが何を担当するとかは特に決めていませんが、基本的に妻がやってくれています。だから僕の家事時間はほぼ0分です。

だって皿洗いとゴミ出しと風呂掃除を全部やっても15分ぐらいなもんだし。そんなのやってないのと同じでしょ。

 

拘束時間が長いからできないといういいわけ

ただのいいわけになってしまいますが、僕が家事をできないのは仕事の拘束時間がとにかく長いんです。

 

朝8時に出社して帰宅は21時、22時は当たり前。(ちなみにこの記事を書いてる12/7は22時半帰宅でした)

 

そんな時間に帰宅した後、夜勤があればそのまま0時に出勤します。余暇時間が1時間半…。

 

…まあ同じような人はいくらでもいると思うので、ただのいいわけだと思って聞き流してください。

 

妻は自由時間がない

パートが休みの日もそうじゃなくても、妻の生活を振り返ってみると妻には自由時間なんてないんだなぁと気づくんです。

 

朝起きた時点ですでに忙しい時間はスタートしていて、こどもたちの保育園の準備、朝食、自分の仕事の準備などで時間に追われて、朝からほっと一息つけるような時間はありません。

 

僕はといえば夜勤明けで寝てるか、自分の準備をして先に出社することがほとんどです。

 

まあ僕も仕事してるといえばそうなんですが、こどもの準備とかぐらいはできることあるかなと思ったわけです。

 

全部を妻に押し付けて任せていたら、いつか妻はパンクしてしまう。僕にできることはちょっとでもいいからやろうと思いました。

 

こちらは僕が以前書いた記事。奥さんも一歩外に出れば勤め人。自分と同じ立場なんです。

www.liberted.xyz

 

妻にもリフレッシュ時間を

朝からこどもの身支度、保育園の送り、仕事、こどものお迎え、夕飯の準備、その他諸々。想像するだけで超絶しんどいです。

 

4歳と2歳のこどもたちに言うこと聞けって言っても聞くはずがないんですよね。かわいい我が子といえど毎日いたずらされて毎日同じことで怒ってたら疲れるのは当たり前。

 

だから妻がリフレッシュできる時間を作ってあげたいんです。

 

ひとりでゆっくりお風呂に入るとか、そんな些細なことしか提供してあげられないかもしれないけど僕が家にいるときだけはゆっくりしてもらえたらなぁなんて。

 

疲れてるのは自分だけじゃないってことをもっと自覚しなきゃダメですね。反省します。

 

まとめ:外で働くだけの男の方が楽なんだぞ!

妻が妻自身のために使えてる時間って1日の中で考えるとほとんどないんだなぁと思うと、なんだか申し訳なくなります。

 

僕は仕事から帰宅したら妻が用意してくれたご飯を食べながらお酒を飲んで、気が向いたらブログを書いたり、なんとなく自分の時間を過ごせています。それはきっと妻がつくってくれてる時間。

 

その間に妻は翌日の保育園の準備や、それこそ僕のご飯の用意なんかに忙しく動いてます。

 

自分でできることは自分でやる。いつまでも甘えてたらいけないという自戒をこめてこの記事を書きました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です