スーパーファミコン世代には最高のおもちゃ「クラシックミニスーパーファミコン」

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン+USB ACアダプター

どーもサンタク(@liberted621)です。

息子には一足早くサンタさんがやってきました。

昨日は息子が通う保育園のクリスマス発表会。頑張った息子へのごほうびです。

まずは簡単にミニスーファミの説明

「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」が正式名称です。

www.nintendo.co.jp

21種類のゲームソフトがインストールされていて、それ以外のゲームはプレイできないようにはなっていますが、スーファミ世代ならドンピシャで刺さるソフトが入ってるのでその点は問題なさそうです。

インストールされてるゲームタイトル一覧

  1. スーパーマリオワールド
  2. F-ZERO
  3. がんばれゴエモン
  4. 超魔界村
  5. ゼルダの伝説
  6. スーパーフォーメーションサッカー
  7. 魂斗羅スピリッツ
  8. スーパーマリオカート
  9. スターフォックス
  10. 聖剣伝説2
  11. ロックマンX
  12. ファイアーエムブレム
  13. スーパーメトロイド
  14. ファイナルファンタジーVI
  15. ストリートファイターⅡ
  16. スーパードンキーコング
  17. ヨッシーアイランド
  18. パネルでポン
  19. スーパーマリオRPG
  20. 星のカービィースーパーデラックス
  21. スターフォックス2

スーファミ世代ならどのタイトル見ても「うわっ、なつかしい」ってなるんじゃないですか?

僕はもっぱらストツーを息子とやってます。久しぶりにやったけど波動拳のコマンドとか覚えてるもんですね(笑)

親指の皮がむけそうです。

RYUとKENだけはまだ使いこなせてます。

ファイナルファンタジーも名作ですよね。夜な夜な進めようかな。RPGまで入ってるのがすごい。

欲をいえばテトリスとボンバーマンが入ってたら最高かな。

ニンテンドーの歴史にため息

ミニスーファミに収録されてるゲームの中でも、マリオブラザーズやマリオカートなどは今でも続いてるシリーズです。

息子と一緒にゲームをやっていてもマリオやルイージなんて言葉がふつうに出てくるのが不思議というかなんというか。

僕と息子は27歳の年の差があるのに、僕がこどものころに遊んでたゲームを大人になった今、自分の息子と一緒に楽しむなんて考えたこともありませんでした。

なつかしのコントローラーはそのままに本体がコンパクト化

嬉しいことに本体がかなりコンパクトになりました。

本体が昔のままの大きさだったらかなり場所とるので、正直ジャマです。大きさで例えるなら単行本の漫画一冊分とあんまり変わらないぐらいじゃないかな。

スマホゲームやDSなどが主流のゲーム時代に、あえて家庭用の据置ゲームをやるっていうのも悪くないですね。昔はテレビ見たい人とゲームやりたい人でケンカになったもんです。

カセットふーの必要がない

ミニスーファミには最初からゲームがインストールされているので、新たにソフトを追加する必要がありません。

昔は新しいソフトが発売されるたびに親にねだったり、お年玉を握りしめてゲーム屋さんに行きましたね~。

ソフトを追加できないということは、スーファミ世代にはおなじみの「カセットふー」がないんです。

昔のスーファミは接触不良からかたまにカセットを本体に差し込んでもゲームが始まらないことがありました。

そのときに一度カセットを本体から抜いてから、カセットの端子部分に息を吹きかけるという方法をとっていました。

今考えると誰がやりだしたことなのかわかりませんが、当時はみんなやっていましたね。なつかしい思い出です。

ちなみに2010年にニンテンドーが公式に「壊れるからやっちゃダメ!」って発表したみたいですね。もっと早く知りたかったよ。

まとめ:ミニスーファミは親子で楽しめる

なんだか昔をなつかしむ「懐古ブログ」になってしまいましたが、スーファミ世代の親ならまちがいなくこどもと一緒に楽しめます。

これで値段が一万円切るんだからお得ですよ。当時の値段で考えても10万円分近くの価値はありますからね。

別途付属品の購入の必要もないので、これひとつ買ったらテレビさえあればすぐに楽しめます。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です