ブログをこどもの資産として残すという考え方

ブログ運営

こどものための資産形成ってどうしてますか?

・子ども名義で定期預金

・お年玉などの臨時収入を貯金

一般的にはこのようなことを多くの家庭で取り入れてると思います。

お金は何かと必要になりますからねぇ。あるに越したことはないです。

でもぼくは思ったんですよ。これからは信用がお金に変わる時代になっていくから、SNSのフォロワー、ドメインを資産として残してあげるのも効果的なのではないかと。

ぼく自身がブログで生計を立てていきたいと考えてるので、今回は「ブログ」をこどもの資産として残していくことについて書いていきます。

サンタク
サンタク

あくまでも方法論じゃなくてぼくの考え方です

あるシングルファザーのブログがきっかけ

f:id:liberted621:20180225172257j:image

いきなり「ブログをこどもの資産に~」とか言われてもよくわからないと思うので、ぼくがどうしてこんな考えを持つようになったのか、その経緯を簡単に説明していきます。

ブログには可能性しかないことを教えてくれた

今回の考え方に至ったのは、こちらのブログを読んだことがそもそものきっかけです。

自分の離婚。人生最悪な1ヶ月の始まり 〜前編〜 – Yamashi-blog

このブログの筆者は、短期間でかなり壮絶な経験をされてます。記事を書いてる間もいろんな感情と闘ってたことがブログからもわかりますね。

このブログ記事がツイッターでたまたま流れてきたのですが、正月の間に一気に読みこんでしまいました。

読み終えた後には必ず筆者と感情の共有すること間違いなしの内容になってます。

とても壮絶な経験のあとに、筆者の方はブログに可能性を見出したんです。

サンタク
サンタク

情景描写がうますぎて感情移入ハンパない

ブログを収益化するためには時間がかかる

f:id:liberted621:20180225172342j:image

ぼくもこのブログを始めてから今がやっと3ヶ月目になります。※2018年1月時点

始めたばかりのころは10PV/日とかだったのが、今では安定的に50PV/日ぐらいまで成長しました。

サンタク
サンタク

いつもありがとうございます!

ときにはリライトしかできず、新規記事更新ができない日もありました。

それでも毎日少しずつ記事を書いてここまでブログが育ちました。

きっと、ほんの一握りの天才はブログ始めたばかりでも結果を出すのかもしれませんが、ぼくは凡人。ひたすら作業量をこなしてトライアンドエラーを繰り返すことしかできません。

追記:3ヶ月経った今では100PV/日ぐらいで安定してます。頑張っててよかった!

関連記事: 5ヶ月目のブログ運営報告

こどもたちのブログを用意しておくことについて

f:id:liberted621:20180225172552j:image

自分の経験から、時間をかけることでブログ、ドメインは成長していくと考えたとき

「こどもたちにブログを用意しておいてあげるのはどうだろう」と閃いたんです。

小学生から始めるブログなんていうのも面白そうじゃないですか!と思って調べてみたらすでに小学生ブロガーはいるんですね…。

d.hatena.ne.jp

これとかすごくいい親子関係の築き方ですよね。

一緒に映画を見てその感想をブログ上でやりとりするコミニケーション。目から鱗でした。子どもがもう少し大きくなったらこういうのやりたい!

こんな風にこどもたちが自己表現する場を用意しといてあげるっていうのも悪くないのかななんて思ったりします。

有益な情報とか提供できなくても、自分を表現する場があるということはきっと役に立つはずです。そもそも小学生でブログ書いてること自体が付加価値になりますね。

個人メディアを持つことは当たり前の時代

f:id:liberted621:20180225172809j:image

これからはTwitter、ブログ、YouTubeなど、個人を発信するメディアを各自が持つことが当たり前になっていきます。

そうなったとき、スタート時点ですでにファンがついてるアカウントで始めるか、ゼロからアカウントを作るかでまったく違う結果になるのは当然です。

アカウントを作るところから始めなければ意味がないと思う人もいるかもしれないけど、それはぼくは違うんじゃないかなと。

もともとお金持ちの家に生まれた子は、教育面や育つ環境がちがうのと同じで、すでに数百人、数千人のフォロワーがいるアカウントを運用する方が圧倒的に楽です。

ぼくにはたくさんのお金を用意してあげることはできないけど、ブログやSNSアカウントを用意しておいてあげることぐらいはできます。

そうしたアカウントが金銭面、精神面でこどもたちを助けてくれるときが必ずくると思ってるので、ぼくにできることとしてブログを用意してあげようと思った次第です。

子ども用のブログはワードプレスで構築する

子どもの資産としてブログを残すなら「ワードプレス」一択かなと。

はてなブログも悪くないんですけどね。サービス自体がなくなっちゃったら無意味なので。

ドメインはお名前.comあたりでとれば年間1000円程度の出費で済みます。子どもへの投資と考えればまあ安いもんですね。2人分でも2000円。

サーバーはぼくが使ってるロリポップでデータベースを共有して作ればOK。

ロリポップは安くて(月額300円〜)手軽にワードプレスを始められるからおすすめです。

あとはぼくら親が子ども用に作ったブログに定期的に記事を入れていくことで、子どもたちがある程度の年齢になる頃にはドメインも多少は育ってるはず。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

まとめ

ぼくがブログアカウントを新規に用意しても、こどもたちがブログを始めることはないかもしれません。

そうなったらまあ自分で何かアフィリエイトサイトでも運営すればいいんです。

でも、現物としてのお金だけじゃなく、デジタルの資産形成も同時にしておくだけでこれから先のこどもたちはずっと生きやすい世の中になっていくんじゃないかなと思うんですよね。

▼こちらの記事も合わせてどうぞ

カメラに興味を持つ2歳の娘。子どもの可能性を伸ばすには? – 家族のしゃべり場

コメント