プロブロガー「イケダハヤト」のブログ執筆時間が凄すぎた

ブロガー界の重鎮「イケダハヤト」さんの一本の記事を書くスピードがどれくらいか知っていますか?

初心者ブロガーの僕のスピードを参考までに晒すと、一本の記事を書くのに約30分~1時間程度はかかっています。

こちらの記事を読むと、いかにトップレベルのブロガーはすごいのかということがよくわかります。

たった20分であれだけの記事が書けるの⁉

さすがにこれはちょっと信じられませんが、実際のタイムスタンプが証明してしまっていますね。

僕は今この記事を書くのに、ここまでで7分ほどかかっています。まあビール飲みながらだらだら書いてるからっていうのもありますが、そうだとしても20分で一本の記事を仕上げるのはかなり難しいです。

やってみて感じるすごさ

ブログを始める前にも前述の記事を読んだことはあったのですが、その当時は言うほど自慢することでもなくね?と思っていました。

自分が経験したことないのに軽んじた発言をすべきではないと反省しました。実際に自分がブログを書くようになって、ひとつの記事を仕上げる時間を計ってみるととてもじゃないけどマネできるレベルではないことがよくわかります。

生産スケジュールを作ってみましょう。1日6本アップ、つまり一週間に42本アップとします。

はいここ!1日6本アップとかさらっと言ってるけど無理でしょ!

僕の場合だと約6時間は執筆時間に充てる必要が出てくるし、毎日それだけ書いてたら3日でネタ切れ必至です。むしろ3日も持たないかも…

週に3日ブログに時間を注げば、とりあえず6本更新体制は余裕で続けられるということです。うん、まぁまぁいいワークスタイルなのではないでしょうか。売り上げ増やす必要性が出てきたら、稼働日をもうちょい増加させればいいわけですし。

ここだけ切り取ると悪くないですよね。ただこれはあくまでもイケダハヤト氏の場合であって、我々凡人とは別次元の話です。

僕が最初に影響を受けたブロガー

きっかけは何だったか忘れちゃったけど、イケダハヤト氏は僕がブログを始めるきっかけとなった人です。

この記事とかめっちゃ心動かされるじゃないですか!

他にも結構激しく煽ってるような記事も多いですよね。僕は嫌いじゃないです。

僕自身、行動に移したいと思っていても一歩を踏み出せないでいる方なので、こうやって背中を押してくれる存在がいるというのは救いになります。

アンチも多いけど、僕はブロガーとしてイケダハヤト氏を素直に尊敬しています。同い年でこれだけの規模のことができることがすごいですね。いつか会ってみたい人のうちの一人です。

最後に

この記事を書くにあたって、一本の記事にかけてる時間を意識しながら書いてみたのですが、ここまでで30分でした。

まあ一般的に考えれば普通だと思います。1000文字程度の記事だからむしろ遅いぐらいかな。いずれにしても上には上がいるということを知っておくべきです。

100記事生産を早期に達成させたい僕としては、とても刺激になるイケダハヤト氏の記事でした。

▼イケダハヤト氏の著書でブロガーにも人気のこちらの本、おすすめです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です