イラっとした感情は自分の中で終わらせること

どーもサンタクです。

朝からイラっとする出来事がありました。

大したことではないんだけど、ぼくは心が狭いのでちょっとしたことが許せないんです。

なにがあったか、順を追って説明していきましょう。

入り口を塞ぐBBA

会社での出来事になりますが、人が出入りする通路に突っ立って雑談してるBBAがいたんです。

うちの会社は個人宅を事務所用に改築しただけの小さな会社なので、ひとつの通路を塞がれるとどうにも身動きとれなくなるんですよ。

こちとら重い荷物を抱えて朝からせかせかと動いてる中でそんなことをされるとイライラもしますわ。

「すみません」が聞こえないBBA

通路を塞ぐBBAに「すみません、通ります」と声をかけるも無視。

いや、無視なのか聞こえてないのかはわからないけどとにかくどいてくれない。

悪口には即座に反応するくせにこういったときの動きがとろくさいのもBBAの特徴。

だいたい、通路に立ち止まって話をしてはいけないなんてこと小学校で教わるでしょ。あんた何年生きてるんだい?

この時点でぼくのイライラボルテージは頂点に達しました。

抱えた荷物をBBAに投げつけて%>767#4#♪○¥…

割とマジメに投げつけてやろうと思いましたよ。邪魔だから。

でもさすがにそれは人としてダメだろうと、どうにかぼくの理性が働いてくれました。

頭の中ではもうボッコボコの滅茶苦茶にしてやりたい欲望はあるんですけどね…。

大人のぼくがとった行動

朝から猛烈にイライラした感情に苛まれたわけですが、ぼくは大人なのでそんなときの対処法を知っています。

  • 同僚に愚痴る
  • 水を飲んで深呼吸
  • とりあえず一服

だいたいこのどれかをすればイライラした感情はおさまるわけです。

この中でもぼくが選んだのは次の方法。

水を飲んで深呼吸

はい。これです。

イラっとしたときは、一旦その出来事から離れること。そして深呼吸。

一回で落ち着かなければ2度3度と落ち着くまで繰り返せばいいんです。

愚痴っても解決はしない

多くの人は「同僚に愚痴る」を選択します。実際、ぼくの同僚もイラッとすることがあると割とフランクに愚痴ってきます。

でも、これは大人のやり方じゃないんですよ。

イライラした負の感情って人に伝播しやすいんです。そんなものを自分以外のだれかと共有しても、職場の雰囲気が悪くなるだけ。

一時的に自分のイライラは落ち着くかもしれませんが、自分だけの出来事で同僚に負の感情を共有させるのは身勝手極まりないと思いません?

さいごに

愚痴はコミニケーションの一環として、ときには有効な手段かもしれません。

でも、基本的にぼくは社内で愚痴は言わないようにしてます。

愚痴を言い合ってる時間って非生産的だし、そもそもぼくは1秒でも長く会社にいること好みません。そんな不毛な時間を過ごすぐらいなら家に帰りたいです。

まったく吐き出さないのも身体に毒なんで、溜め込んだ愚痴は家に持ち帰って妻に聞いてもらうようにしてます。妻よ、すまぬ。

なんだか身もふたもない話になってしまいましたが、イライラは社内で共有しちゃダメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です