電通過労死事件の賠償が50万円って…。労基法違反してる会社には厳罰を望む

電通の過労死事件がついに結審したそうですが、ぼくはこの判決にはどうも納得いきません。

事件のあらましについてはこちらに詳しく書かれています。

matome.naver.jp

過労に追い込まれての自殺はもはや「殺人」と何がちがうんだろう

超的確な意見ですよね。これ。

優秀な社員を雇い入れて、限界がくるまで働かせ続ける。

その環境に疑問を持ったり、限界を感じて逃げられる人はまだいいけど、世の中には劣悪な環境から逃げ出せないでいる人もたくさんいるんです。

今回被害に遭われた女性はチャレンジ精神旺盛で真面目な性格の方だったようなので、恐らく逃げ出せなかったタイプの人だったはず。

労働環境を整えなければいけないはずの会社側が、社員を自殺に追い込むまで働かせるというのは殺人に値する行動なんじゃないですかね。

亡くなる前の1ヶ月間の残業時間は105時間にも及んだという高橋さん。仕事のストレスでうつ病を発症し、苦しんでいたがその助けの声が届くことはなかった。

労働基準法を守れない会社には厳罰を与えてほしい

労基法は会社で働く人を守るための法律のはず。

ブラック企業という言葉があるように、労基法を守れない会社が残念ながらとても多いんですよね。ぼく自身、一日14時間労働、週休一日、有給取得率0というとんでもない企業で働いています。

経営者に労基法を守るという意識が希薄なのが見てわかるので、遵守しなければいけないはずの法律が軽視されてるんですよね。

劣悪な労働環境が常態化すると、立て直すのは大変です。そうなってからでは遅いので、労基法がもっとしっかり守られるように、違反した企業にはもっと厳しく罰則を与えてほしいです。

社員を過労による自殺に追い込んだ会社が、賠償金50万円だけで済むのはどう考えてもおかしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です