逃げることは恥ずかしいことじゃない。新しい場所を探す生き方もあるんだよ

家族の話

どーもサンタクです。

長らく抱えていた「息子が保育園に行きたくない問題」に、解決の兆しが見えてきました!

結論から言うと、息子自身の自己肯定感の低さに原因があって、ひいては親に責任があったことだったんです。

子どもが保育園に行きたくない、学校に行きたくないと言って悩んでるそこのあなた。理由もなく子どもはそんなことを言ってるわけではありません。

うまく表現できないけど、自分の心の中に抱えてる闇に気づいてほしいというサインに気づいてあげてください。

息子
息子

生きにくい世の中で嫌になっちゃうよ

自分は誰からも愛されないという思い込み

f:id:liberted621:20180309031247p:plain

妻が日中息子と絵本を読んで遊んでいたときのこと。

今、絵本を何冊か読んでたんだけど
その絵本に仲間に入れて欲しい時は『入れて』『いいよ』の話が出てきてて
そしたら息子が急に『〇〇(息子の名前)はみんなに入れてもらえない』ってつぶやいて、なんで?って聞いたらね、なんて言ったと思う?

みんな、〇〇のこときらいだから。
カァチャン泣きそうになったよ

息子が保育園に行きたくないと言っていた理由はまさにこれだったんですよね。

自分はみんなから嫌われてると息子が思ってしまう原因はぼくら親にあって、たぶん息子が今よりももっと小さい頃から怒りすぎてしまったことにあったのかな。

思い返せば息子にはかなりきつく当たってしまうこともあったし、押さえつけるように怒ってしまうこともありました。

親からそんな扱いを受けてる間に息子自身、自分に自信を持てなくなってしまってたんですよね。

保育園に行き始めた頃の息子は、新しい環境を楽しむかのように毎日イキイキしていました。きっと息子も親から逃げたかったんだと思います。新しい居場所を見つけた!と喜んでいたのかもしれません。

それがある日を境に「保育園に行きたくない」と言うようになったんです。

こちらもおすすめ
こどもが保育園に行きたくないと言ったら休ませる? – 家族のしゃべり場

息子に自分を重ねてしまう

f:id:liberted621:20180309031448p:plain

ぼくには父親がいません。正確に言えば「母の再婚相手」はいましたが、その人のことを父親だと思ったことはありません。

ぼくがちょうど今の息子ぐらいの年の頃に母は再婚しました。それもぼくの反対を押し切っての再婚です。

この頃から、ぼくは自分の殻に閉じこもるようになっていったように思います。母を責めるためにこんなことを書いてるわけではなく、今のぼくが息子に同じようなことをしてしまっているのでは?と感じたんです。

そんな当時の自分を息子の姿に重ねてしまい、何とも言えない自己嫌悪に陥るんですよね。

親バカかもしれないけど息子は頭がよく、身体能力も同じ年の子どもと比べると抜群に高いです。それなのにその能力を活かしきれてなかったり、やればできるのにやる前から諦めの姿勢でいることにイライラしてしまうこともあります。

こんなところも自分と似てるんですけどね。似てるからこそわかりすぎてしまって、息子にもきつく当たってしまうのかなと気づいたんです。

息子のことは大好きなんだけどね

子どもに自分の価値観を押し付けてしまっていた

f:id:liberted621:20180309031903p:plain

「子どもとはこうあるべきだ」みたいな考え方って、大人になるとそれぞれ持ってると思うんですよ。

子どもは風の子的な発想で、子どもは子ども同士で遊ぶのが楽しいものだみたいなのも、大人が作った固定概念であって本人はまったく楽しめてないことだってあるはずなんです。

子どもには子どもの社会があるんですよ。大人から見れば「そんなこと」と軽くとらえがちなことでも、子どもにとっては深刻な悩みだったりすることもあるでしょう。

息子が保育園で同じクラスの子に「○○くん嫌い」と言われたことがありました。ぼくらはそれを安易に受け流してしまったのですが、息子にとっては深刻な問題だったんですよ。

これも価値観の押し付けですよね。本人はすごく傷ついてるのに「たかがそんなこと」とぼくらは勝手に決めつけたんです。

保育園を辞めて新しいことを始めよう

f:id:liberted621:20180309032101p:plain

息子が保育園に行きたがらなかった理由もハッキリわかったので、保育園を辞める決断をしました。このご時世、せっかく入れた保育園を辞めるのはもったいないなんていう意見もあるかもしれませんが、今のままでは間違いなく息子は潰れます。

自己肯定感の低さを今日まで表現できなかった息子、やっと自分の抱えてる苦悩を親に伝えられた息子に、仕事があるから保育園に行ってくれなんて言えるわけがありません。結果的に今の環境から逃げることにはなりますが、息子はすでに次の新しい環境に前向きです。

ぼくの影響からか息子はサッカーが好きで、保育園を辞めてサッカーを始めると息子自身が決めました。もちろん、サッカークラブにも同年代の子はいるので人間関係の不安はありますが、サッカーという共通の好きなものがある友だちとならきっと上手く付き合えるはず。

自分の気持ちをうまく伝えられなくても、サッカーを一緒にプレイすることでしか共有できない感情はあります。息子にはそういったものを大切にしていってほしいという親の思いです。

こちらもおすすめ
保育園を辞めたい息子の気持ち。 – 笑顔と幸せのママログ

子どものサッカースクールなら本田圭佑監修のSOLTILO(ソルティーロ)一択でしょ!

さいごに

息子の保育園、妻の仕事に関してはかなり悩みました。幸いにも我が家は妻が働かないと生活ができないというほどではないので、今回は辞める決断ができたんです。

妻が稼いだ分はすべて保育料に消えるような状況だったので、家計としてはプラスにもならなかったんですよね。子どもたちが保育園を楽しんでるなら働こうかなといった感じで妻は仕事をしていました。

共働きしないと生活そのものが成り立たないという状況じゃなかっただけよかったし、息子の出してるSOSに気づけた今、ぼくら親がもっとしっかりしないといけないんだと痛感しました。

息子がまた心から元気になれるようにサポートしていくこと、子どもたちとのスキンシップを増やすことを心掛けていかないといけないですね。

コメント