新聞の営業は得意だけど好きではない。その本質とは

ぼくは現在、新聞販売店で勤務してます。

そのことについては以前こんな記事をヒトデさんの今日は社畜祭りだぞ!に寄稿させていただきました。

新聞屋の仕事についてはこちらの記事に細かく書いてあるので、新聞屋の仕事、給料などに興味がある人はぜひ読んでみてください。

shachiku-festival.com

新聞販売店には「拡張」という名前の営業業務があります。

ぼくはこれが得意ですが、好きではありません。

得意なのに好きじゃないの??という疑問の本質的なことを今回は書いていきます!

「得意」と「好き」は根本的には別物

f:id:liberted621:20180216182833j:image

どんなことでもそうなんですけど、得意なことと好きなことって別物なんですよ。

‘’好きこそものの上手なれ‘’ということわざの通り、確かに好きなことこそ上達するのも早いとは思うんです。

ぼくの場合、新聞を現在購読してない人に購読してもらうのは割と得意な仕事なんです。事実、ぼくが勤めてる販売店では、入社以来成績は常にトップをキープしています。

もちろん、最初から営業ができたわけではありません。ここまでくるには紆余曲折ありました。

新聞の営業を得意になったきっかけ

ぼくが新聞販売店に初めて入社したのが今から10年以上前、17歳のときになります。

そのときのぼくが新聞を売るのが得意かと言ったら、これがまったく売れなかったんですよ。営業に出る時間はいつも自分の担当区域内にある蕎麦屋で寝てましたね(笑)

新聞屋って研修体制とか整ってないことが多いんです。

ど素人のぼくは何からやっていいのかもわからないし、先輩に聞けるような雰囲気の職場でもなかったからやる気が上がらなかったんですよね。

地元の販売店に入社したので、ノルマに困ったときは友だちの家に頼みにも行きましたね。小学生ぶりに会ったやつから新聞の勧誘されるのって、ふつうに考えたら友だちやめたくなるよね。反省してます。

販売店を変える

それから何店舗かの販売店を転々としたあと、とてつもなく営業の強い上司(Aさん)に出会った販売店があったんです。そこがぼくの転機でした。

Aさんがどれくらいすごい人か実績を簡単に書いておくと、全国の新聞販売店に勤務してる中でも、特に営業が強い人たちで競う大会が新聞屋にはあるんです。その中でも全国トップ10に入ってるような人でした。

社会の底辺と言われる新聞屋が、全国紙の新聞本社の局長クラスに顔と名前を覚えられるんですからね。すごいことなんです。

Aさんはぼくに夢を見せてくれた

f:id:liberted621:20180216183113j:image

新聞屋に勤めてる人ならわかると思いますが、新聞屋の営業歩合って安いんですよ。平均単価は一件の契約で200円程度。詳細を書くと長くなるので割愛しますが、一か月に貰える営業歩合は普通の人で2万円~3万円ぐらいです。ちょっと頑張ってる人で5万円ぐらいかな。

それぐらいが普通の中、Aさんは営業歩合で月に80万円とか稼いじゃう人でした。

頑張れば自分でもそれだけ稼ぐことができるんだと思わせてくれたAさんのおかげで、仕事に対する取り組み方が変わりました。

この時点では、ほくはお金をモチベーションに頑張れるタイプだと思ってたんです。

結果を出すと褒めてもらえることが嬉しかった

f:id:liberted621:20180216183353p:image

Aさんはぼくに新聞営業のノウハウを教えてくれました。

営業の仕事ってマニュアルがないので、人それぞれのキャラクターによって合う営業スタイルと合わない営業スタイルがあります。Aさんはぼくの特性を活かして結果が出るようにアドバイスしてくれたんです。

1か月に3件ほどしか新規契約をとってこれなかったぼくが、Aさんの指導を受けてるうちに1日1件は新規契約がもらえるようになるほどの成長っぷり。

Aさんはとにかくよく褒めてくれる人でした。

今思えば新聞の新規契約をもらえたことより、自分の努力をAさんや会社の人たちに認められるために必死になってたんだと思います。

結果を出すのが当たり前になると張り合いがなくなる

f:id:liberted621:20180216183520p:image

認められることをモチベーションに仕事を頑張っていたぼくは、結果を出すのが当たり前という周囲の空気に冷めてしまいました。

このときに「自分は営業が好きなわけじゃなくてただ認められたかっただけなんだ」と気づきました。

認められるために努力して身に着けた営業のノウハウがあるから、結果を出すことに特化した営業は得意です。でもそれが好きだからできるようになったのとはちょっとちがうんですよね。

外的な力で得てるモチベーションは自分の力ではないんです。

労働の対価はもらいますが、ぼくはお金のために頑張れるタイプではなかったみたいです。

まとめ:好きなことだけが得意なわけじゃない

最近仕事のモチベーションが上がらなかったので、その原因がなんなのか自分なりに考察してみました。

好きなことならずーっと続けられると思うのですが、ここ最近のぼくは仕事を辞めたいという気持ちしかありません。

仕事内容だけでなく職場の人間関係(特に現上司)にも疲れてる自分がいます。

早く独立したいな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です