妻が書く文章が好き。自分の内側をこんなにまっすぐ吐き出せるのが羨ましい

家族の話
妻

ブログ書いたから読んでー

サンタク
サンタク

はいよー

ぼくらは夫婦でブログを書いてます。と言っても妻は気が向いたときに一気に書き上げるタイプなので、更新頻度はかなり低いです(今月2本だった)

ひとつずつの記事に妻の想いがすごく込められてるので、ぼくは毎回読むたびに妻の素直さや文章を書くセンスに嫉妬してるんですよね。


妻が記事を公開したらぼくがツイートするのがいつもの流れです。いつも読んでくれてる方、ありがとうございます!

自分には妻のような素直さが足りない

妻からもよく言われるのですが、ぼくはホントに素直さがないんですよ。自分でも認めるぐらいのひねくれ者です。

人から「こうしなさい」と言われると絶対従いたくないタイプの人間。厄介ですよね(笑)

妻もなかなか頑固なところはありますが、自分の気持ちを人に伝えるのは上手だなぁと感心してます。

わかっちゃいるけど素直になるのって難しいんですよね…。

私たち夫婦は本当に親として今は自信がないです。

でも、それでも息子と娘にとっての親は私たちしかいないのです。

この一文とかさらっと書けるあたりがぼくにはないもの。

文章だと冷静に考える時間が持てる

これは夫婦でブログを書いててよかったと思える部分ですが、ひねくれ者のぼくは口頭で言われたことに対してはその場で正面から受け止めることはできません(やらなきゃいけないことはわかってる)

んでも文章として読むと冷静になれるんですよね。

LINEとかメールではダメ。ブログだからいいんです。相手に対してその場で返事を迫られるのがLINEやメール。これだと会話してるのと変わらないんですよね。それがブログは一方的に自分のメッセージを発信できるし、受けとる側も冷静な判断ができる時間を与えられます。

パートナーのどちらかがぼくのように素直さに欠ける場合は、お互いにブログをやってみると円滑なコミュニケーションツールのひとつとして役に立つかもしれませんね。

圧倒的な表現力に心が震える

娘の妊娠でつわりがひどく苦しむ姿を見て、当時2歳前だった息子はずっと背中をさすってくれました。

泣いている子がいればほっとけず涙を拭いてくれる娘です。

夫と喧嘩をした時に必ず私を庇い『ママのこと守るから後ろに隠れてて!』と言ってくれる息子です。

誰にでもニコニコ『こんにちは!』や『ありがとう。』が言える娘です。

今回妻が書いた記事の中で特に好きな部分を引用してみました。

これはぼくも子どもたちの親だからこそわかるのかもしれませんが、この文章だけで子どもたちの優しさをバシッと伝えられてるんですよねぇ。なんかもうこの表現力はずるい!

ぼくは下書き状態で妻の記事を読んだのですが、この部分は特にグッときましたね。

まとめ

ぼくは妻の人柄を知ってるから余計に妻の想いが感じられるのかもしれませんが、妻が書く文章には何か強い力を感じるんですよね。

妻のブログを紹介する記事みたいになってしまいましたが、子どものことを思う母親の愛情や苦悩が詰まった妻のブログ「笑顔と幸せのママログ」を、応援よろしくお願いします!


記事のストックはぼくが知る限りでも3つか4つはまだ公開してない下書き状態の記事があります。書きたいことはたくさんあるのにまとまらないから公開できないなんていう贅沢なことを言っていたので、サクッとまとめて公開してほしいものですな。

コメント