ハードオフVSワンダーレックス 査定額が高かったのはどっち?

リサイクルショップ 査定

引っ越し準備の一環で、子どもたちの不要になったおもちゃや、家の中の不要品をリサイクルショップに持ち込んでみました。

今回も妻主導の行動だったので、家の中の片づけは妻がテキパキと仕切ってやってましたよ。

以前にも断捨離的な感じで家の中の不要品を持ち込んだことを記事にしました。

関連記事【断捨離】家の不要品売ったらいくらになるかやってみた!

うわっ!この記事懐かしい!

妻と一緒にいろいろ考えながら書いた記事なんですよね~。

初期の頃の記事だけど今と比較してもそれほど変わりない気がする…。

 

昔の記事を見返すと悲しくなるからサクッといきましょう!

 

リサイクルショップに持ち込んだおもちゃ

今回は以前とちがって写真を何一つ撮ってません。このあたり、昔の方がクオリティ高かったんじゃないかと思ってしまう…。

写真がないなら文章で伝えるのがブロガーの役目。ということで、できるだけ伝わるように書いていきます。

 

今月末ごろに新居に引っ越すということで、できるだけ荷物を少なくしたいという思いから、家族みんなの荷物を今のうちにできるだけ少なくしておこうということで断捨離を決行しました。

子どもたちのおもちゃ箱は妻が定期的に片づけていたのですが、今回はかなり大胆な断捨離。

息子は最近ベイブレード以外のおもちゃで遊ぶことがないので、以前集めていた仮面ライダーの変身ベルトや、それに付随したおもちゃを処分しました。

↑こういうやつとか。

査定額 ハードオフ編

1件目はハードオフに持ち込み査定。

息子のおもちゃ以外にも、ぼくと妻の積ん読状態になってた本も合わせて処分しました。

本は全部で10冊ぐらいで、総計350円での買取。

これは処分目的だったので、正直引き取ってくれればいくらでもよかったんです。

むしろこの査定額は個人的にちょっと嬉しかったぐらい。妻はどう思ってるかわかりません。

 

息子のおもちゃ(細かいもの合わせて約20点以上)は、ハードオフでの査定額が約300円。

 

さすがに息子が断腸の思いで決別することを決めたおもちゃがこの値段では納得いかないと、妻は別の店で査定してもらうことにしました。

 

査定額 ワンダーレックス編

ハードオフの査定額が妥当な金額なのかどうかを確かめるためにも、ワンダーレックスにも持ち込んでみました。

査定を待ってる間に吉野家でお昼ご飯。さば味噌牛定食を妻と食べたんですけど、これがめっちゃうまかった!

さばの味噌煮大好きなんですよね~。大好きなさばの味噌煮と一緒に牛丼のアタマも食べられたので大満足な時間でした。

 

ご飯を食べてる間に査定が終わりましたとの電話連絡が。ワンダーレックスは査定中に店内で待つか、店外で待ってて希望する人には電話連絡で知らせてくれることも選べるので、時間を拘束されないでリサイクルショップに査定をかけたい人には便利なお店です。

 

さて、気になる査定額はいくらになったか発表していきましょう!

どぅるるるるるるるる…(ドラムロール)

晩!(あ、誤字った)

 

約2800円になりました!

 

え、さっきのハードオフの査定額は何だったの?

ハードオフのおばちゃんはちゃんと査定してくれた??

ハードオフの約10倍もの査定額がつきました。

 

どちらも大手のリサイクルショップなので、独自の査定マニュアルが存在するとは思います。

でも、店舗どうしが割と近い場所にあって、それでも約10倍の差がつくのはどうなんでしょう。

 

ハードオフVSワンダーレックスの勝敗

今回は誰がどう見てもワンダーレックスに軍配が上がります。

約10倍の圧倒的な査定額を見せつけてくれたので当然と言えば当然ですね。

息子が大切にしてた(最近はまったく遊んでない)おもちゃなので、少しでも高値で処分したいと思うのが親心ってもんですよ。

めんどくさいからって1件目に行ったハードオフで処分しなくてホントによかったです。

息子は断腸の思いでおもちゃと決別したので、新しいベイブレードが発売されたら無条件で買ってあげようと思います。

これを読んだあなたも、リサイクルショップに何か売ろうと思ったときは1件目で決めちゃダメですよ!

最低でも2件はハシゴして査定してもらいましょう。ホントは10倍の値段がつくかもしれないのに10分の1で買いたたかれるなんてことがあり得るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です