【続編】源泉徴収票がもらえないときは税務署に相談すると効果あるかも。

あ、どーもサンタク(@santaku817)です。

いやー無駄に消耗した2日間でした。

9月に退職した会社と源泉徴収票を巡って闘ってたんですよ。

前回までの話はこちら。

結論から言うと、一応、前職の社長とは和解(?)に至り、源泉徴収票は郵送するという確約を得たわけですが、辞めたあとにまで消耗させられるとは思いませんでした。

ここに至るまでに紆余曲折あった話を聞いてください。

親戚を間に挟んで連絡をとるという強硬手段に出てきた

前職の社長と、ぼくの妻側の親戚が実は知り合いだったんです。

妻側の親戚にも別の新聞販売店の経営者がいたんですよね。

新聞販売店の経営者同士、たまたま知り合いで、前職の社長からはよく「あっちの新聞屋で雇ってもらえよ」とネタにされてました。

その妻側の親戚を介して連絡してきたのですが、内容がまあひどいんですよ。

未入金の新聞代があると騒ぎ立てる

前職の社長から親戚に連絡があったことは、妻の母を介して知りました。回りくどい。

ひとまず親戚にすぐに連絡するようにとのことだったので、電話をかけてみました。

「サンタクが会社の金を使い込んだからこのまま何の連絡もないと警察に訴えるとか言ってるから、さっさと話し合った方がいいぞ」

親戚からの電話はこういった趣旨の内容だったんです。

使い込んだ記憶はないのですが、前職の社長はとにかく高圧的で恐怖と暴力で人を支配するような人。連絡をとるのはどうにも気が引けるんですよね…。

それでも一回話し合って、その結果を報告しろと親戚から言われてしまったので、頭を抱えました。

前職社長と直接対決

なかなか電話をかける気になれず、2時間近く頭を抱えていましたが、会社も社長も忙しくなさそうな時間を狙って電話してみることに。

電話でのやりとりは会話形式でお伝えします。

サンタク

ご無沙汰してます。サンタクです

前職社長

どうしちゃったんだよ~。何があってお前はそんなに変わっちゃったんだ?

サンタク

いや、あの…

前職所長

急に連絡とれなくなったから心配したよ。元気でやってるのか?

サンタク

まあぼちぼちです

前職所長

一緒に頑張ってきた仲間が連絡とれないってみんな寂しがってるぞ。まあ関わりたくないと思うのはお前の自由だけどな

サンタク

はあ、それでなんですけど…

前職所長

源泉徴収票だろ?渡さないとは言ってないんだよおれは。だけどわざわざ税務署通じてこそこそやるようなやり方が気に入らないんだよおれは

サンタク

…(関わりたくないからそうしてるんだけど)

前職所長

だけど一気にとは言わないけど清算するものはきちんと清算しろよ。いつでもいいからよ

サンタク

…(何のことか具体的に言えよじじい)

前職所長

まあ源泉徴収票は今日中に郵送するからよ。ところで今なんの仕事してるんだ?

ここからはくだらない雑談を早口で一方的にまくしたてられて電話は終わりました。

どよーんと沈んだ気持ちで過ごした2時間はなんだったのかと思うぐらい、直接対決は呆気なく終わりました。

結果的に源泉徴収票は郵送してもらえることになったからよかったのかな。

源泉徴収票の不交付届けを税務署に依頼したことが効果的だったかも

税務署からの連絡に強制力はありませんが、少なからず会社にダメージを与えることはできたかもしれないです。

そうじゃなければ、あの社長があれほど穏やかに話すなんて考えられないんですよ。

恐らく社長は、ぼくが税務署に行くぐらいだから他にも労働時間超過などの件で動いてると考えたのかと思います。

もしかしたら電話も録音してると考えたんですかね。終始穏やかでした。

源泉徴収票を渡さないぐらいのことで、他に隠したい案件を調査される方が厄介ですからね。穏便に手を打とうと考えたんでしょうね。

ほぼ間違いなく叩けばほこりが出る会社なので。

未払いの新聞代とはなんだったんだろうか

『未払いの新聞代』については、一言も出してきませんでした。

親戚にまでぼくが集金を使い込んだかのように吹聴してたくせに。

「一気にまとめてじゃなくていいから清算するものは清算しろよー」という言い方はされましたが、これは恐らく借り上げ住宅の退去費用にかかったお金のことを言ってますね。

具体的な金額を明示しなかったり、「金払え」と言ってこなかったのは、ぼくが電話を録音していて警察に行かれるのを考えてのことでしょうか。

冷静に考えれば納得なんですけど、ぼくに支払い義務があるものを支払ってなかったとしたら、ぼくと連絡がとれなくなった時点ですぐにでも何らかの法的措置をとると思うんですよね。

それをしないでぼくから直接連絡させたがってたのは、支払い義務はないけどとれるものはとってやろうという考えでのことなのではないかと思います。ホント汚い。

退職時の書類は必ず速やかに用意してもらう約束をこぎつけた方がいい

今回の退職はまじで消耗しました。

離職票などは割と早めに用意してもらえたんですけど、源泉徴収票でこんなに苦戦するとは思わなかった。

源泉徴収票は、退職日から1ヶ月以内に交付しなければいけないという法律があります。

もし、退職予定の会社に、退職時の書類はいつごろ用意してもらえるのかと確認して、源泉徴収票は年末になると言われたら「1ヶ月以内の交付が原則」ということをきちんと伝えましょう。

年末まで出さないというのは会社側の怠慢なので、すぐにでも縁を切りたい会社ならそこは徹底した方がいいですよ。ぼくのように消耗します。

いや、ホント源泉徴収票ごときでここまで苦労すると思わなかったですよ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です