子連れディズニーの迷子予防にハーネスが便利

先日ディズニーランドに朝から行ってきたのですが、平日にも関わらず相変わらずの人の多さでした。

我が家は4歳と2歳の子どもがいるので、あれほどの人混みの中で迷子にならないように必死です。

日本では一般的ではないけど、海外では「子どもを守る」という観点から当たり前のように使われてる子ども用ハーネスがあると、迷子防止になるから子連れのお出かけが捗りますよ!

子ども用ハーネスとは

犬のお散歩用のリードを想像してもらうとわかりやすいですかね。

これ、ものすごい便利なんです。

我が家は長男がどこまでも勝手に走って行っちゃうような子どもだったので、息子が歩き始めたときは大活躍しました。

日本ではハーネスの習慣が根付いてないからか、ショッピングモールなどでつけてると珍しそうに見られますが、これで迷子を予防できるなら活用するべきなんです。

手を繋ぎたがらない子どもにはハーネスを

「子どもはペットじゃないんだから」なんていう声も聞こえてきそうですが、歩くことを覚えたばかりの子どもは自分の足で歩くのが楽しくてしょうがないんです。

手を繋ぎたがらない子どもだっています。そんな子に手を繋ぐことを親が強要するよりは、お互いの妥協点としてハーネスをつけるのはひとつの有効策ではないでしょうか。

子どもは自由に歩けるし、親は自分の手の届く距離に子どもがいる安心感を得られる。もっとハーネスの文化は広がってもいいと思うんですよね。

迷子にさせるぐらいならハーネスを使った方が100倍いい

そもそも、どんなに親が目を光らせていても迷子になるときはなります。子どもは想像もしないような行動をするものです。

ディズニーランドのような人混みの中で子どもを見失ったら、自力で探すのは不可能に近いですよね。

迷子になった子どもは、とてつもない不安と恐怖に襲われます。せっかくの楽しい思い出も、親の不注意で迷子にさせてしまったら最悪の思い出になってしまいます。

もはやハーネスを使わない理由が見当たらないですよね。

会計時にもハーネスがあると便利

スーパーなどの買物でもハーネスが役立ちます。

買物を終えて会計するときに、どうしても子どもと手が離れてしまう瞬間がありますよね。

そんなときにハーネスをつけてれば、子どもの行動範囲を制限することができるので、落ち着いて会計できますよ。

おすすめのハーネスはこちら

背中に背負うタイプで、子どもの体を締め付けるようなことはありません。

背中に羽がついたかわいいデザインなので、子どもも嫌がらずにつけてくれますよ。

使いやすく値段も手頃なので、ためしにひとつ使ってみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です