マスコミは被害者の傷をえぐるようなことして楽しいのか?

マスコミ クソ コラム

事件に遭った被害者の現状を全国に報道する意味がまったくわからないのですが、マスコミは何を考えてこんなことしてるんですかね。こういった事件が起きるたびに疑問と憤りを感じています。

ホントに報道してほしいのはそこじゃないんだよなー。

被害に遭った方、そのご遺族の方にインタビューしてる場合じゃないでしょ。

「今の気持ちは?」

「犯人について思うことはありますか?」

そんなことちょっと考えればわかるよね?

マスコミの存在意義

マスコミがホントに報道しなければいけないのは加害者側の家族関係だったりこれまでの経緯なんじゃないかなと思うわけです。どんな家庭環境で育ったらこんな凶悪犯が生まれるのか、そこを追求していかないと。


まさにこの方のツイートの通りで、数字のことしか考えてないからこんな非人道的なことができるんですよ。

マスコミの被害者に追い打ちをかけるような報道の仕方に対して対抗策を提示してくれてる方がいるのでシェアします。


これは有効打かもしれない。

結局マスコミが執拗に被害者を追いかけるのも数字のため。

個人的な意見

個人的に思うことを書くなら、被害者家族のこととかもがっつり晒してやればいいと思うんですよね。

凶悪犯罪を犯すような人格形成の一部に、家族の影響は確実にあったはずです。どんな親のもとで育ったらこんな事件を起こせるような人になってしまうのか、そこを報道していくのもマスコミの仕事なんじゃないかと思うわけです。

マスコミの今の報道の仕方は「やられた方にも原因がある」的な思考そのもの。

イジメ、レイプなどの被害に遭った方がいると必ずやられた方にも原因があるなんて言うやついるけど、そんなことあるわけないんですよ。

人を傷つけるなんて100%やった方が悪い。

どんな犯罪も許さない空気をつくるのがマスコミの仕事

ニュースを見てる側の立場からすれば被害者遺族の状況を知りたいと思ってる人はいないんじゃないですかね。だれがどう考えたってそこには同情以外の感情はないんですよ。

それよりも加害者側の情報をできるかぎり集めて絶対に許さないという空気をつくっていかないと。それができるのもマスコミなんですよ。

有名タレントが性犯罪起こしたときは加害者側を徹底的に追い込むくせに、凶悪犯罪のときはいつだって加害者側の情報がほとんど報道されないのが日本のマスコミ。

これ以上被害者の傷をえぐるようなことはしないでほしいですね。