大切な人へのクリスマスギフトは決まりましたか?

1人でも簡単に使える肩こりにおすすめのグッズ4選

つらい肩こりに悩まされてるそこのあなた!

これから紹介するグッズを使えば1人でいても肩こりを緩和することができますよ。

 

それでは早速紹介していきましょう!

 

アンメルツヨコヨコ ロングタイプ 塗り薬

チェックポイント
  • ロングタイプだから背中まで楽々届く
  • 1人でも痛い箇所にしっかり塗れる
  • 握りやすい細身のボトル

・効能、効果

肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、腱鞘炎(手・手首の痛み)、
肘の痛み(テニス肘など)、打撲、捻挫

Amazonより引用

このロングタイプを近所の薬局で見つけたときは画期的な商品だなと感動しました。

うちは妻がひどい肩こりに悩まされてるので、ロングタイプなら1人でいるときでも自分で簡単に薬が塗れるなと思ったので母の日にプレゼントしてみたんですけど、想像以上に喜んでもらえました。

 

ぼく自身も腰痛持ちということもあってたまに借りて使ってるんですけど、薬を塗った箇所がすーっと和らいでいくのがわかります。

 

特に一人暮らしで肩こりに悩まされてる人にはおすすめです。

 

ネックマッサージャー 指圧風もみ玉付き

チェックポイント
  • 肩だけでなく首、腰、背中にも使える
  • 重量1.6kgと軽量なので持ち運びが楽
  • 大、中、小の計8つのもみ玉でリアルな指圧風なもみ心地

肩こりがひどいときって、自分の指でぐーっと痛い箇所を押し込んだりしますよね。

でも結局そこで力が入るから余計に肩こりがひどくなったりしがち。

 

そんなときにネックマッサージャーがあれば、ただ肩に乗せておくだけでしっかりコリを揉みほぐしてくれます。

 

さすがに人の手には敵わないけど、マッサージ一回分ぐらいの価格でいつでも好きなときにコリをほぐせるならかなりコスパ高いですよね。

ネックマッサージャーの口コミまとめ

首肩腰の凝りが酷くて頻繁にマッサージ店のお世話になっていたのですが、
こちらを購入してからマッサージ店に行かずに済むようになりました。
お金の節約は勿論、辛いと思ったその時に自宅ですぐに使用出来るのが手軽で良いです。

事前に電気店で高価なチェア型、椅子に取り付けるシート型等色々試した結果、
安価ながらもこちらが一番効いたのでAmazonで購入しました。
揉む位置、角度、強さを全てその日その時の自分に丁度良いように調整出来るのが最高です。
本当に気持ちが良いです。

あまり期待はしていなかったのですが、パワーもあるし使いやすい。揉み玉も良い感じで至福の時を感じられます。
お高いマッサージチェアも良いとは思いますが、これで十分!コストパフォーマンス最高です。

肩こりひどいんです。
毎週マッサージに行くぐらい。
値段も手ごろだし、壊れても一回で元は取れるかなと思い購入。
いやー良いですね。
加減も自分で調節出来るし、使わない時は壁に掛けてます。
場所もとらないし、ちょいちょいお世話になってます。

あまりないタイプのマッサージ機なので試しに購入してみたが、マッサージ効果はとても良い。
気になる点としては、たまに機械の内部からキューキューと異音がすることがある。次の日になると異音は消えるが、また使用していると異音が始まる。
異音さえなければ星5の価値はあると思います。

アテックス(ATEX)指圧器

チェックポイント
  • 痛いところをピンポイントで押せる
  • 軽量で取り回しが楽

先ほど紹介したネックマッサージャーとの違いは「痛い部分にピンポイントでアタックできる」ことです。

肩こりってピンポイントで痛い部分とかあるじゃないですか。そこを自分の指を使わずにしっかり力を入れて押し込めるんですよ。

 

ぼくは長時間車の運転をしていると肩が凝るので、我が家の車には指圧器が常備してあります。

ネックマッサージャーを出すほどでもないけどちょっと肩揉みたいなんてときにサッと出せるから指圧器が家にあると便利ですよ!

夢みるここちのピップほっとリフレ 首・肩用

チェックポイント
  • 冷えからくる肩こり対策にちょうどいい
  • 30分効果が持続
  • 繰り返し使えて経済的

肩こりの中でも特に冷えからくる肩こりに特化したグッズですね。

レンジでチンした商品を首に巻いて使うわけですが、これが大きめの設計でしっかり肩を包み込んでくれます。

 

効果も30分は続くので、寝入り際に使うと体がぽかぽかした状態でリラックスして寝れますよ。

 

まとめ

どの商品も根本的な解決にはなりませんが、つらい肩こりを和らげる手助けをしてくれるグッズたちです。

理想はつらいときにいつでもほぐしてくれる人がいることですが、現実的にはなかなか難しいですよね。

 

ここで紹介したグッズを活用しながら、肩こりと上手に付き合っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です