泳げない人の子連れ水遊びにはライフジャケットの着用が必須

水遊び ライフジャケット

こんなツイートがぼくのタイムラインに流れてきたのですが、ぼくも川で溺れた経験があるからこの方の怖さがわかります。

泳げない人にとって川遊びは危険しかない

ぼくの場合は子どもが一緒にいなかったのが唯一の救いですが、川はホントに怖いです。プールで遊ぶ感覚で行くと命を落としかねないですよ。

ちなみにぼくが溺れたのは「緩い滝の下」です。

滝の近くを歩いてたら突然足がつかなくなったんですよ。

この瞬間は「あ、自分はここで死ぬんだな」と思ってました。

ハシゴに上って電球を交換してたら突然ハシゴを外されたような感覚です。

水中に引き込まれると、上からは滝の水が押さえつけてくるし、足もとは底が見えないうえに泳げないことからの恐怖心でどんどんドツボにはまっていきました。

それでも必死にあがいてどうにか水面に顔が出たときはホントに安心しました。

水遊びをするときは必ずライフジャケットの準備をすること

泳げるとか泳げないに関係なく、子どもを連れて水辺のレジャーをするときは必ずライフジャケットを用意してください。

自分は泳げるから子どもが溺れても助けられるとか過信してると取り返しのつかないことになります。

大袈裟かもしれませんが、水辺にはほんの一瞬で命を奪う危険が潜んでいます。

たった10cmの水深でも子どもは溺死すると言われています。自宅のビニールプールで遊ばせるときなども目を離さないように注意してください。

川や海に子どもを連れていくときは、ライフジャケットの着用は必須です。大袈裟じゃなく命を守るためには必ず用意しましょう。

▼大人用ライフジャケット

▼子ども用ライフジャケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です