夫婦が仲良くいられる時間を大切にしたい

夫婦 仲良し

9月末で退職したはずの会社で、3時間ほどただ働きしてきました。あれ?まだ会社員だったけなぁ。

 

まあぼくがやり残した仕事で同僚に迷惑をかけないようにするには仕方なかったんですけどね。冷静に考えたら腹立ってきました。

 

会社員時代は時間的な価値をよく理解していませんでした。

めちゃくちゃ非効率的な仕事に時間を割いてても何とも思わなかったんですけどね。今はとにかく時間が貴重だなと実感してます。

 

今までは連休なんてまずとれないような会社だったので、2日間も家族でのんびり過ごす時間はほとんどありませんでした。

夏、冬の長期休暇はありましたが、よくて3連休。通常の休みが少なすぎた(週一のみ)ので、3連休ですらあっという間に終わってたんです。会社員だと休み明けの仕事のことも考えるから疲れがとれないんですよね…。

 

会社を辞めて独立した今は、毎日家族と過ごす時間を満喫できてます。今回独立することを決めたのもやっぱり家族の時間、夫婦の時間の確保が目的だったので、この時間だけは何がなんでも守っていきます。

 

独立することは妻が背中を押してくれた

以前から独立願望が強かったぼく。妻にはよく夢を語っていました。

実は、今回の独立はぼくの妻が背中を押してくれたんです。ぼく自身は正直かなりびびってます(笑)

 

貯金なし、スキル・資格なし、中卒と、確実にやばいやつを妻は独立させたんです。

ちなみに、当面の生活費は会社で積み立ててた財形貯蓄と退職金が合わせて70~80万ぐらいと、失業手当をあてにしてます。

 

今回のぼくの挑戦は資金的な都合もあって期限付きです。2019年1月末までに月10万円稼げなかったらきっぱり諦めて再就職します。これは妻との約束。

 

妻と結婚して6年になりますが、いつもギリギリのところを2人で協力して乗り越えてきました。今回も2人で力を合わせれば必ずうまくいくと信じてるので、ぼくは毎日淡々とブログを書きます。

 

妻あっての自分だなぁと心底感じる

会社を辞めた後のめんどうな手続きを、すべて妻主導で動いてくれてます。

まだ離職票などは届いてないから具体的な手続きはできてないけど、保険、年金、税金などの複雑でめんどうなことは妻が率先してやってくれているので助かってます。

 

こういうときに心底感じるけど、ぼくは妻がいないと何一つうまくいかないなと思うんですよね。自己破産したときもそうでした。

ぼくが苦手だろうと思うことを妻が先回りして動いてくれてます。ホントに感謝してます。

 

今回の独立も「家族と過ごす時間を大切に」がテーマですが、妻とはいつまでも些細なことで笑いあえるような関係でありたいと強く思いました。

 

いつもありがとう。

さいごに

たまにはこんなポエムのような記事も書いていこうかな。

収益性はゼロだけど、これはこれで自分が生きたログを残すというブログ本来の姿だと思うんですよね。

 

ブログで稼ぐ!と意気込んで、広告べたべた貼りまくった記事ばっかりじゃ面白くないじゃないですか。

妻もこのブログを読んでるので、ブログを通して妻や子どもたちに感謝の気持ちを伝えていくようなこともしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です