塗り絵は子どもの知育にぴったり!家族の団らんで塗り絵をやったよ

家族 団らん 塗り絵 子ども

「家族のしゃべり場」らしく、たまには家族のことでも書きましょう。

そもそもこのブログのメインテーマは「家族」だったんですけどね。雑記ブログだからといっていろいろ書いてたら収拾つかなくなってきたから最近ブログを分けようか悩んでます。

今回家族で楽しんだのは「塗り絵」です。

ぼくも子どもの頃から塗り絵は好きで、大人になった今でも楽しめます。今回も息子よりぼくの方が楽しんでた感がありました(笑)

塗り絵って無心になれるから好きなんですよねぇ。何も考えずに好きな色をつけていって、キレイに仕上がったときの達成感がハンパない!

子どもたちも自由気ままに楽しんでいたので、そんな家族団らんの様子をちょこっと写真つきで書いてみます。

塗り絵作業中の息子と娘

息子編

塗り絵 子ども

息子がジュウオウジャー(古い)の塗り絵をやってます。ぼくも息子と同じノートでやっていたのでジュウオウジャーに色をつけていきました。

ぼくが塗り絵をやるときって、原作の色をあんまり気にしないんですよ。書いてある絵の枠を全体的なイメージを自分なりの解釈で塗っていくのが好きなんです。塗り絵の楽しみ方は人それぞれでしょ?

塗り絵 知育

息子
息子

はみだしちゃった

息子の作業風景。ザ・自由!

枠とか線とか気にしない感じがワイルドです。

まあこのあと消しゴムで修正してました。神経質だなぁ。表現は自由だからぼくははみだしたりとかは気にしません。でも丁寧にやってほしい気持ちはちょこっとあります。

娘編

塗り絵 知育

こちらは娘の作業風景です。

色鉛筆の持ち方がワイルドですね~。2才ぐらいの子はみんなこんなもんですよね?

子ども 塗り絵

妻

あれ?色鉛筆の持ち方変わってる。いろいろ試してるのかな?

こういうところも面白いですね。レモンシロップのかき氷を仕上げてます。

娘とは妻が一緒に塗り絵をやっていました。ぼくとちがって妻は娘と楽しそうに会話をしながらの作業でした。

ぼくは自分が塗り絵に集中していたせいで息子とほとんど会話してません(笑)

 

塗り絵は知育にいいはず!

ぼくの想像でしかないけど、塗り絵って子どもの知育に役立つと思うんですよね。

・指先を使う(鉛筆を持つ)
・想像する(仕上がりのイメージ)
・集中力が身に着く(細かい作業の連続)
・達成感を覚える(成功体験)

子どもはこんなことを考えながらやってるわけじゃないけど、楽しい遊びの中でこういったことが身につきます。

ちょっとググってみたら塗り絵と子どもの教育に関してまとめられてました。

その中でも特に気になった部分を引用します。

お子様が塗り絵をすれば褒めてあげる対象ができますので、教育のコミュニケーションがとてもとりやすくなります。頑張りを認めて具体的に良いところを褒めてあげることで、お子様の自己肯定感を高めるきっかけにもなります。

今の息子にとっては自己肯定感を高めることが必要で、意識的に褒めるようにしているのですが割合的に見るとまだまだ怒ってることの方が多い感じです。

関連記事:逃げることは恥ずかしいことじゃない。新しい場所を探す生き方もあるんだよ

もう少しおおらかな心を持てればいいんですけど、わがままや癇癪を起こされると我慢できなくなってしまうんですよねぇ。

塗り絵の知育効果については下にリンクを貼っておくので、興味のある方は読んでみてください。

https://matome.naver.jp/odai/2143493751169270501

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です