大切な人へのクリスマスギフトは決まりましたか?

【写真あり】大切なレッドウイングにカビが生えたときの対処法

レッドウイング カビ 対処法

それは先日のこと。

ぼくが長年愛用してる「レッドウイング8166」を履いて出かけようと下駄箱から引っ張り出したら見るも無残な姿になってたんです…。

 

その姿がこちら。

レッドウイング カビ 対処法

レッドウイング カビ 対処法

カビが積もってる。しばらく放置したせいでこんな無残な姿にしてしまった…。

 

でもこれ、革製品あるあるなんです。

特にブーツの保管場所となると玄関付近という人がほとんどだと思うんですよね。

 

玄関周りって湿気がたまりやすいから、どうしてもカビが生えやすい環境になってしまいます。

大切なブーツにカビが生えてしまったときの対処法を、レッドウイング歴8年のぼくが紹介します。

 

サンタク

カビが生えてるからって水洗いしたり捨てたりしちゃダメですよ!

 

ブーツのカビ取りに使う道具はこれ

レッドウイング カビ 対処法

  • ウエス(雑巾)
  • ブラシ 大
  • ブラシ 小
  • ミンクオイル

この4つがブーツのメンテナンスには必須です。

ぼくのおすすめブラシはこちら。大小サイズがセットになってるからお買い得です。

ひたすらブラッシングすべし!

ブーツの紐を外したら、豪快にブラッシングしましょう。

ブラシでカビを根こそぎ取り払ってやるぐらいの勢いでガシガシこするべし!

レッドウイング カビ 対処法

細かい隙間にもカビやほこりが入り込んでるので、場所に合わせてブラシを使い分けてください。

ゴシゴシゴシゴシ

カビ取り剤を使うとより効果的です。

革用のカビ取り剤はこちらがおすすめ。

ブーツが乾燥してたらオイルを塗りこむべし!

レッドウイング カビ 対処法

ブラッシング前後の比較

ブラッシングでカビを取り除いたら、その後に大切なのが革の状態チェック。

革は生き物なので、養分を欲してます。

手で触ってみてかさかさしてたらミンクオイルを塗り込んであげましょう。

油分が足りてないと革のひび割れの原因になります。

 

人間でも肌が乾燥してたらかゆかったり痛かったりするでしょ?

それと同じで、ブーツにもしっかり栄養補給してあげることが長く付き合っていくコツですよ。

▼こちらがおすすめ

オイルの塗りすぎには注意

いくら油分が大事と言っても塗りすぎには注意。

必要以上にオイルを塗ると、ほこりが付着して汚らしくなるだけでなく、色素沈着の原因になります。

せっかくかっこいいブーツなのに、色がまだらになってたらおかしいでしょ?

汚れとアジは別物です。

 

ブーツの保管に役立つおすすめ商品

除湿剤を入れてブーツ全体をまるごとカバーすることでほこりからも守ってくれます。

履いてない時期の保管をしっかりしておくことで、さらに長くブーツと付き合っていけます。

レッドウイングのブーツは履けば履くほどアジが出てくるので、メンテナンスを怠らないで世界に1足のブーツを作りませんか?

 

まとめ

夏の時期はさすがにブーツから離れる人が多いと思いますが、履いてない期間の保管もしっかりやっておきたいところですね。

レッドウイングのブーツは定期的なメンテナンスを怠らなければまじで一生ものなので、革の状態チェックはしっかりやってあげましょう。

アジのあるブーツに育てていきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です