子どものサッカースクールなら本田圭佑監修のSOLTILO(ソルティーロ)一択でしょ!

家族の話

保育園を辞めた息子の新しいステージ。サッカースクールの体験に行ってきました。

今回体験を申し込んだのは、日本代表で活躍してる本田圭佑監修のサッカースクール「SOLTILO(ソルティーロ)」です。

保育園に行くことを拒んだ息子が、新たな道として選んだのはサッカーでした。それについては以前こんな記事を書いてるので読んでみてください。

関連記事⇒逃げることは恥ずかしいことじゃない。新しい場所を探す生き方もあるんだよ

結論から言うとSOLTILOの体験に連れていったのは大成功でした。保育園に行きたくないと言ったあの日からずっと塞ぎがちだった息子。サッカーを通じてまったく別の一面を見せてもらいました。

人前で堂々と自己紹介ができた!

息子
息子

○○(息子の名前)です!

もうね、これだけですごいんですよ。息子が人前で大きな声であいさつできたんです!

保育園では同じクラスのお友達の前でもじもじしてた息子が、サッカースクールのお友達の前では堂々と自分の口で自分の名前を言ったんです!

息子が体験に行ったのは息子より一つ上の学年の子どもたちのスクール。まあ一つぐらいの差だと保育園のお友達とも大して差はないはずですが、大好きなサッカーができる環境となると、息子はこんなにも前向きになれるもんなのかと感心しました。ここでちょっとうるっときたのは内緒。

SOLTILO(ソルティーロ)はサッカー以外のことも教えてくれる

ソルティーロの公式ページを覗くと、以下のような指導理念が書かれています。

子供は感受性が豊かで、沢山のことを考えています。
その考えを口に出させて会話します。

それが個性・自主性に繋がります。トレーニングの最中に疑問があった時に、分からないことをそのままにせず口に出すことで、初めて自分の疑問を考えていることを整理する事ができます。整理されると指導者の話しも頭に入りやすくなります。

考えや意見をまとめる作業は非常に重要な事です。

子供達としっかり会話を心掛けることで、子供達の会話力や考える力が発達すると考えています。

SOLTILOから引用

これは練習風景を見ていても強く感じたことで、コーチが子どもたちとのコミュニケーションを積極的にとろうとしているのが印象的でした。

ぼくも子どもの頃からサッカーをやっていたので経験的にわかるのですが、サッカーはあいさつや礼儀、協調性などを学ぶ場にも相応しいんです。

コーチとのコミュニケーションだけじゃなく、一緒にプレーする仲間や対戦相手に感謝の気持ちを持つことができます。保育園で集団生活ができなかった息子も、大好きなサッカーを通してなら集団生活に必要なスキルを身につけることができると確信しました。

練習のカリキュラム作成は本田圭佑が携わってる

サッカーを好きになってもらう事に重点を置き、毎回通う事が楽しみになるような指導を行っています。しかし、同時にスキルアップも目指します。繰り返し技術トレーニングを行う事により、目に見える技術の向上を目指します。特に身体を上手く使えるようにステップワークのトレーニングや細かいボールタッチから養う運動能力の向上にフォーカスします。親御さんと積極的にコミュニケーションを取り、その選手に対してのサポートも行っています。

SOLTILOから引用

これは幼少クラスのテーマを引用したものですが、息子の練習を見ていて練習メニューにしっかり工夫が施されてるなという印象を感じました。

1時間という短い練習時間の中ですが、段階を踏んだ練習メニューを子どもたちが楽しめるようにコーチが声かけを欠かさないこと、その声かけも否定的なものではなく肯定的に子どもが喜べるようなものだったことが、とても好印象です。

うちの息子もコーチが言ってることを理解してるのかどうか怪しいものですが、短時間でどんどん成長していく様子を目の当たりにしました。

また行きたいと息子が目を輝かせて言った

妻
 サッカーやりたい?
息子
息子

またやりたい!

練習が終わった後、コーチからSOLTILOの説明をざっくり聞いて、息子にホントにサッカーやりたいかどうか確認したところ上のような会話をしていました。
練習風景を見ていた感じでも、息子はホントにサッカーを楽しみにしていることが伝わってきました。
普段ぼくがやってるフットサルに連れていくことはあっても、息子と一緒にプレーすることはなかなかありません。空いた時間に一緒に蹴ってるときに息子に対しては身体能力の高さやサッカーの素質は感じていました。ここらでぼく以外の大人に息子の指導を任せてみるのもいいのではないかと思うし、息子がホントにやりたいと思ってるならやらせてあげたいと思うのが親というもの。
息子の練習風景を見てサッカー選手としての伸びシロも感じたし、何より楽しく前向きに取り組んでる姿を見れたことがよかったです。

まとめ

たまたまインターネットで目にしたSOLTILOの公式ページのおかげで、ネガティブだった息子の人生が少しいい方向に変わってきました。

今回は無料体験でしたが、実際にそこに通ってる子どもたちと同じカリキュラムをこなして同じ時間を過ごしてるところを見て、息子がホントにやりたいならぜひ通わせてあげたいと思いました。

保育園では居場所を見つけられなかった息子が、サッカースクールに自分の居場所をやっと見つけられたので大事にしてあげたいですね。

関連記事: 子ども用のサッカーシューズにおすすめ商品まとめ

コメント