足し算を覚えた4歳の息子。親は教えてないのになぜ?

4歳の息子が突然

「1+1=2」と教えてもいない足し算を答えられたんです。

どこでどう覚えたのかはまったくわかりませんが、1+2、1+3…と順番に聞いていくとすらすら答えるんですよ!

これはただの天才だとしか考えられません。

そんな息子に妻がこんなものを作ってあげてました。

これを見ながら息子が「たのしい!」と言ってたそうです。

数字を見て楽しいと思えることがすごい。ぼくは数字嫌いなので。

まだひらがなの読み書きもできない息子が、足し算をすらすら答えてることが不思議。

子どもは知らぬ間に何でも吸収してるんですねぇ。

YouTubeで勉強してるのかな?

さすがに何の情報もなく足し算を覚えられるとは信じ難いので、恐らくYouTube好きな息子は何気なく見た動画で勉強したのかも。

こう考えるとYouTubeも悪いもんじゃないですよね。

スマホ育児」は親子でルールさえ決まれば悪いことではないと思うんです。むしろ積極的にスマホに触れてネットリテラシーを高めることもこれからは大事なんじゃないかと。

うちはしっかりしたルールを設けてないので、このあたりはまた話していかないといけないかなと思うところです。

長所を伸ばしてほしい

得意なこと、苦手なことは人それぞれあります。

息子は数字、娘は英語に興味津々。素晴らしいことですよね。

ぼくは数字も英語も苦手です。でも漢字とか言葉は子どもの頃から得意でした。

どんな分野でもひとつ得意なものを見つけるだけですごい才能になるんですよ。

苦手なことを克服しようとするよりも得意なことをガンガン伸ばしていってほしいです。

関連記事4歳の息子が10+10までの足し算をマスターしたんだけどすごくない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です