正社員を辞めてフリーランスになるぼくがこれだけは守りたいこと

10月から無職になるサンタクです。

失業保険がもらえるようになるまでに3ヶ月ほどの時間があるので、その間は無職のおじさんになります。

 

これまではブラック企業に1日の半分以上の時間を拘束されていたぼくが、24時間を完全に自分の支配下におけるようになります。

 

そこで、これからフリーランスになるぼくがこれだけは守りたいと思ってることをまとめておきます。

サンタク

時間は無限にあるわけじゃないから使い方を考えよう

 

自由な時間があっても夜更かしはしない

今はまだサラリーマンという立場で時間的な制約があるので、酒を飲みながらだらだらブログを書いたりして夜更かししてますが、無職になったら夜更かしだけはしないようにしようと決めてます。

 

これはいろいろ理由がありますが、何にも縛られない自由は楽しくないという思いから決めたマイルールです。


『制限こそが楽しさを生む』

↑これ超わかります。

 

何も責任が伴わないところで得られる自由はホントの意味で楽しめないんですよね。

日付が変わる前には寝るようにしたいですね。

 

夜更かしが好きな自分に敢えてこのルールを課した理由

夜更かし禁止のマイルールを自分に課した理由ですが、本来のぼくは夜更かしは好きです。

夜更かしが好きというより、眠くなったら寝て、目覚ましをかけずに目が覚めたときに起きるという生活を高校中退してからはしていました。

 

あの頃を思い返して楽しかったかと聞かれると、正直楽しくはなかったです。

高校を辞めてからのぼくは、完全に思考停止した自堕落な生活をしていました。

 

今は10代の頃とちがって、ぼくには2人の子どもがいます。

新聞屋という不規則な労働環境にいる今は、ぼくの生活サイクルに合わせて子どもたちも夜中まで起きてることがよくあります。

今は保育園や幼稚園に行ってないからまだいいけど、これから小学校に行くことを考えると今の生活サイクルが子どもたちにとっていいわけないんですよね。

 

夜はしっかり寝るものという認識を子どもに植え付けるのは親の責任です。

 

仕事は日中に終わらせる

今の仕事を辞めた後のぼくの仕事は、主にブログ、ライター、ネットショップになります。

サラリーマンを辞めたあとは、好きなときに好きなだけ仕事ができるようになりますが、ワーカホリックにならないように気をつけます。

 

これもぼくがサラリーマンを辞める理由のひとつですが、家族で過ごす時間を大切にしたいと思ってるんですよ。

せっかくサラリーマンを辞めるのにいつまでもだらだら仕事をしてるような状態は作りたくないんですよね。

 

このあたりは辞めたあとの生活をまだリアルに想像できてないので、実際に生活してみてから仕事の時間を調整していきます。

 

毎日ブログを書く

これが一番大事なことですが、無職になったら毎日必ずブログを書きます。

実はここが一番の懸念材料なんですけど、無職のぼくが毎日ブログネタを探せるかどうか少し心配なところがあるんですよね…。

 

今までは何だかんだ仕事からネタを探してきたりもできたんですけど、無職になることで自分にかかるストレスがなくなるとネタ切れを起こすんじゃないかと思ってるんですよね。

自分のブログは幸いなことに雑記ブログとして運営してるので、日常の中で常にアンテナを張ってブログは必ず毎日書きます。

最低ノルマは1日3記事。1か月で100記事、1年で1200記事を目指す感じでいきます。

 

今の自分の課題としてはASPからの発生がゼロなので、ここを強化していくのが当面の目標です。

アドセンス、Amazonなどの物販は順調に伸びてきてるので、ASPからの発生を目標に記事を量産していきます。

 

まとめ

ということで、だらだらとぼくのこれからの目標やマイルールを書いてきましたが、フリーランスになってもこれだけは守っていきたいと思ってることです。

自分の場合は時間的な制約をつくらないとだらだらしてしまうので、夜更かし禁止や仕事の時間をきっちり自分で決めないとうまくいかないと思うんですよね。

 

ここに書いたからにはこのルールはしっかり守ってやっていきます。

会社を辞めるので今の心境や決意表明など。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です