大切な人へのクリスマスギフトは決まりましたか?

忙しい30代にこそ朝の散歩をおすすめする5つの理由

散歩 おすすめ スニーカー

会社を辞めてからマジで体を動かす機会がなくなったので、思い付きで散歩してみたらこれがめちゃくちゃよかったんですよー!

早朝から30分ぐらい散歩してみて感じた「ウォーキングをおすすめする5つの理由」をシェアしますね。

毎日忙しいし、朝は一秒でも長く寝てたいんだよって人こそ絶対に早朝散歩やってみた方がいいですよ。

①朝は空気がキレイ

これは生活環境によるところもありますが、ぼくが住んでる場所は地方都市です。

朝は比較的交通量も少ないから空気がキレイなんですよ。

特に10月、11月ぐらいの朝はちょっと肌寒いぐらいの気候なので、散歩するのにもちょうどいいんですよね。

日中しか外に出ない生活をしてると、この空気のキレイさには気づくことができませんでした。

心の空気の入れ替えって言ったら何か胡散臭く聞こえますが、朝のキレイな空気の中を散歩してると自然と気分よくなれます。

なんとなく心がもやっとしてる人は、空気がキレイな早朝に散歩するだけでスッキリしますよ。

②静かな環境で考え事に集中できる

生きてるだけでいろんな悩み事が次々に出てくるじゃないですか。

今日の晩御飯は何食べようかな…とか、明日は何食べようかな…とか、あのラーメン屋さん行きたいけどちょっと遠いな…とか。

え、食べ物のことばっかりじゃないかって言いました?

食事は人間にとってものすごい大事なことですからね。そりゃ真剣に悩みますよ。

まあでも、早朝の時間帯は交通量が少ないからホント静かなんですよね。聞こえてくるのは鳥のさえずりぐらい。

それぐらい静かな環境で無心になって散歩しながら今日1日のスケジュールを整理してみると頭の中がスッキリしますよ。

③街の中に新たな発見がある

①で書いたことにも共通するんですけど、長年住んでる自分の街にもまだまだ知らないことがたくさんあるんだなと気づかせてくれます。

ぼくの場合は空気のキレイさがすごく新鮮に感じました。

普段は車で通りすぎてた場所も、歩いてると何となくこの路地入ってみようかななんて気分になるんですよね。

朝から一度も通ったことない道を歩いたことで、街をちがう角度から見ることができました。

新しいことを知るのは脳にとってもいい刺激になるからいいですね!

④歩くことでストレス解消できる

忙しい現代人は運動不足の人も多いのではないでしょうか。

かくいうぼくも、会社を辞めてからというものめっきり体を動かすことがなくなりました。たぶん1日の歩数は1000歩もないかも…。

運動不足が続くと、自分でも気づかないところでストレスが溜まってるんですよね。

ちょっとしたことでイライラするようになったりしがちなので、最近疲れがとれないなとか感じてる人は敢えて体を動かしてみてください。

何でわざわざ疲れるようなことしなきゃいけないんだと思われるかもしれませんが、適度な運動をしないと疲労物質は溜まっていく一方なんですよ。

ぼくは30分歩いただけで心も体もかなりスッキリしました。

⑤健康に対しての意識が高まる

これですよ。

自分の足でしっかり歩けるのって、決して当たり前のことじゃないんです。

健康な体があってこそできることなんですよね。

例えば足がなかったら散歩もできないじゃないですか。

普段は当たり前にできてることができなくなるのってものすごいストレスだと思うんです。

少しでも長く健康な体でいたいと思う意識が高まるので、自分の体にとっていいことを続けようと思えるのが散歩のメリットです。

ウォーキングにおすすめのスニーカー

「スニーカー界のロールスロイス」の異名を持つ、まさにキング・オブ・キング。

もはやロールスロイスなんて乗ったことないからその乗り心地はわかりませんが、とにかくなんかすごそうなイメージありますよね。

あの「ラルフ・ローレン」が履き心地は雲の上を歩いてるようだと言ってるぐらいだからそのすごさがわかります。

一見すると何てことないローテクスニーカーなんですけど、履けばわかるこのクッション性の素晴らしさ。それは、ニューバランスの優れたクッショニングシステムが作り出したものなんです。

詳しくはNB公式サイトに説明がありますので、興味がある方は読んでみてください。

参考 テクノロジーNBについて

まとめ

朝は一秒でも長く寝ていたい派の人も、騙されたと思って「早朝散歩」をやってみてほしいんですよね。

歩きながら考えることで、集中力を高めたり一日の生産性を高める効果が期待できますよ。

ぼくはたった30分歩いてる中で、ブログネタを3つも見つけられました。

運動不足はどんどんネガティブな精神をつくっていくので、身も心も健康であり続けるためにも早朝散歩を始めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です